数少ない選手

54 の用例 (0.01 秒)
  • ドン・メレディスと共に高校、大学、プロとテキサス州北部をホームとするチームでプレーした数少ない選手である。
  • なお、ツインズの選手としてサヨナラ満塁本塁打を放ったことのある数少ない選手の一人である。
  • これをフィニッシュ・ホールドとしていた数少ない選手の例として、サルマン・ハシミコフが挙げられる。
  • 全日本選手権のフルーレ、エペ、サーブルの三競技全てに個人種目で出場した数少ない選手のうちの一人である。
  • プロ入りから長く在籍した阪急、その後の移籍先の近鉄、引退直前の南海という、当時の関西パ・リーグ3球団に現役選手として在籍した数少ない選手である。
  • ファームで通算100本塁打を達成した数少ない選手だった。
  • UEFA欧州選手権2008本大会のメンバーにも選ばれ、チームはグループリーグ敗退という期待外れの結果に終わったが、負傷したパトリック・ヴィエラに代わってレギュラーとして出場し、グループリーグ3試合全てにフル出場した数少ない選手となった。
  • 欠場から復帰するとミスター・アスのギミックを復活させ、10年以上団体に在籍する数少ない選手として活躍していたが、2004年にWWEを解雇された。
  • 彼女はダブルス分野でも目覚ましい成績を残し、シングルス・ダブルスともに世界ランキング1位になった数少ない選手のひとりに数えられる。
  • 彼女は1998年に女子ダブルスの年間グランドスラムを達成したこともあり、シングルス・ダブルスともに世界ランキング1位になった数少ない選手のひとりである。
  • 過去のWWE女子レスラーの中でも、トップクラスのプロレスセンスを持った数少ない選手である。
  • また、SWF世界ヘビー級チャンピオンに輝いた経験もあり、信州プロレスが認定する2つのタイトルを奪取した経験のある数少ない選手である。
  • 試合における勝負強さに定評があり、世界大会でのキャリア豊富な朝原宣治や伊東浩司をして「大きな大会で力を発揮できる数少ない選手」と言わしめる程である。
  • 彼はテニスの歴史を通じて、赤土の全仏選手権と芝生のウィンブルドン選手権を連続制覇した数少ない選手の1人であり、彼以後の男子選手ではトニー・トラバートとビョルン・ボルグの2人だけである。
  • また、出場した2つの異なるワールドカップ決勝でゴールを決めている数少ない選手であり、これを達成した選手はブライトナーを除いてババ、ペレ、ジネディーヌ・ジダンの3選手しかいない。
  • ジョーンズは8連覇を経験した数少ない選手の一人となり、優勝回数10回は、ラッセルの11回に次ぐ記録となった。
  • マンチェスター・ユナイテッドでもUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験しており、異なるクラブで2年連続チャンピオンズリーグ制覇を果たした数少ない選手の1人である。
  • フィッツジェラルドは、男子ダブルスでキャリア・グランドスラムを達成した数少ない選手のひとりである。
  • ワールドカップ、世界選手権、オリンピックのモーグル3大大会を全て制した数少ない選手の1人である。
  • 以降も歴代の代表監督に重宝され、2010 FIFAワールドカップ、AFCアジアカップ2011と3大会連続で主要大会のエントリーメンバーに選出されている数少ない選手である。
  • 次へ »