数少ない産駒

13 の用例 (0.00 秒)
  • 引退後は良血が見込まれて種牡馬になり、数少ない産駒からG1馬を出した。
  • 種牡馬としては種付け数自体がほとんどなく、数少ない産駒もまったく活躍できなかった。
  • しかし、その数少ない産駒のなかにトウケイニセイがいた。
  • フランスでは数少ない産駒から ディアヌ賞優勝馬Dunetteなどの活躍馬が現れたが、日本では中堅種牡馬に留まった。
  • そのような背景からフランスに輸出されたディヴァインライトは、数少ない産駒からNatagoraを出している。
  • 直後の9月にはヒシマサルが不慮の事故で死亡したため、わずか2世代のみ残された数少ない産駒として、期待されて中央競馬の稗田敏男厩舎に入厩した。
  • 引退後は、馬主の個人所有という形式で、三石町の大塚牧場で種牡馬入りするが、種付け頭数が集まらなかった上、数少ない産駒も中央競馬で勝ち鞍を挙げた馬が一頭もいないという結果に終わった。
  • 晩成の長距離血統と思われたせいか産駒にさほど恵まれなかったが、数少ない産駒の中からリワードウイングが産まれ、同馬が1985年のエリザベス女王杯を制したことでGI馬の父となる。
  • 種付け頭数には恵まれていないが、数少ない産駒の中からメイショウバトラーが小倉大賞典などの重賞を制するという活躍を見せた。
  • 産駒のGI級競走制覇はなかったが、送り出した5世代すべてから重賞優勝馬を輩出し、後継種牡馬となったトウショウペガサス、ビゼンニシキは数少ない産駒からそれぞれGI優勝馬を出した。
  • また日本でも、メジロマックイーンを父に持つ繁殖牝馬にステイゴールドを配合した数少ない産駒から、重賞・G1を制した馬を多数輩出し、新たなニックスとして生産界から注目されている。
  • 成績、血統ともに地味であったことから繁殖牝馬が集まらなかったが、数少ない産駒の中から1997年の弥生賞を圧勝したランニングゲイルを出し、父子ともに注目を集めた。
  • とくに2000年代半ばからは、メイショウホムラの数少ない産駒であるメイショウバトラーがおもにダートグレード競走で活躍、2004年から2008年まで、日本競馬史上最多のGIII級競走10勝を挙げた。