数少ない生き残り

31 の用例 (0.00 秒)
  • 一族の数少ない生き残りだというのに、自分はその名を汚すようなことばかりしている。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • 屋外に幾つかの飛行機が展示され、近くの建物内には第二次世界大戦の数少ない生き残りの小型展示がある。
  • このためゲルスドルフはヒトラー暗殺計画参加者の数少ない生き残りとなった。
  • 敗北したヤマシー族の数少ない生き残りはヤマクロ族として知られるようになった。
  • ユウたち三人は部隊の創設からの数少ない生き残りだ。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • キマイラ隊所属では数少ない生き残りの一人となった。
  • 今や絶滅の危機にひんしている種族で、数少ない生き残りを発見するのは骨が折れた。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • 当時まだ活動していた数少ない生き残りのレベティコ歌手の一人として、アーティストや音楽研究者達が彼女をスタイルを研究し始め、それが本物であることを認めた。
  • しかし、システム自体が古いため設計に関わった者の多くが既に死亡している中、修理できるのは数少ない生き残りであるフランクだけだったのだ。
  • そこには、グランマ号の数少ない生き残りが集まっていた。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • ランカは本船団の数少ない生き残りの1人であり、新統合軍時代のオズマも護衛部隊として所属していた。
  • シンイチとカオリら27人は秘島ツアーで離島に来ていた数少ない生き残り。
  • 数少ない生き残りの地球人アーサーは、その仲間たちと共に宇宙を放浪する。
  • 長尾氏一族が宝治合戦において三浦氏に殉じたためその殆どが滅亡し、景忠は数少ない生き残りとなった。
  • 数少ない生き残りの同期、という以前からごくフツーの顔でダベって酒の飲める仲だったのだ。 亜瑠『ミソ汁のための死闘』より引用
  • グループは、社会が崩壊した世界で、ウォーカーの恐怖、グループ内の力関係の変化、そして自らの生存だけを考える数少ない生き残りの人間たちに直面する。
  • 変異体の発生により崩壊してしまったエターナルシティには様々な困難が待ち受けており、プレイヤーは その事件に置いての数少ない生き残りとして生き延び、都市崩壊の謎に迫る。
  • 青草僧は熟練された先師であり、少林寺の崩壊から免れた数少ない生き残りの一人でもあった。
  • なお、部隊はその後に全滅し数少ない生き残りとなる。
  • 森忠政は数少ない生き残りの一門として可政の復帰を家康に希望しており、慶長17年になると美作津山の忠政の下に戻る。
  • 次へ »