数少ない友人

40 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女はわたしが朝に弱いという事を知っている数少ない友人である。 奈須きのこ『Fate/stay night プロローグ』より引用
  • 小鉄の数少ない友人の一人、高級ステレオを持っている奴の所である。 中場利一『さあ、きょうからマジメになるぞ!』より引用
  • 彼女の数少ない友人たちは、やはり、収容所言葉に笑えない人種であった。 山田詠美『快楽の動詞』より引用
  • 今こうして弟と会うのも、数少ない友人の結婚式で数年ぶりに上京したついでだ。 長嶋有『猛スピードで母は』より引用
  • また、柴田は緑川のことを「数少ない友人」と漫画の中で語っている。
  • 彼は数少ない友人の一人だと信じていたから尚更なおさら悔しかった。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 何人かの数少ない友人とミチルの顔が浮かんできた。 石田衣良『波のうえの魔術師』より引用
  • 振り返って見れば、僕にとって数少ない友人の内二人と、この病院で知り合えた事になる。 奈須きのこ『DDD HandS』より引用
  • 以来、自分は式の数少ない友人の一人となった。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 大学の数少ない友人にも、職場の同僚にも、誰一人にもだった。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 飯島は甘粕が心を開いて語りかける数少ない友人の一人である。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 数少ない友人を失い、ジュウはますますクラスで孤立化したが、それを気にしようとは思わなかった。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 数少ない友人や、〈親〉でさえ、そんなわたしに愛想あいそを尽かしはなれていった。 川原礫『アクセル・ワールド 03 -夕闇の略奪者-』より引用
  • 高階夫妻は、蔭山の数少ない友人の中の二人であるということ。 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』より引用
  • 玖渚というのはフルネームを玖渚ともという、ぼくの数少ない友人の一人、というかたった一人の友人で、その手の事件を趣味で収集している十九歳である。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • 正一にとって、伸雄は数少ない友人であり、理解者だったのだ。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • それに、館主のツィーカ・フローリスは、死んだ母の数少ない友人のひとりだった。 五代ゆう『〈骨牌使い〉の鏡Ⅰ』より引用
  • オープンの経緯けいいを知る数少ない友人達には、ムショ帰りのヨナサンなどと呼ばれているが、彼女ができる前から育児書を読みふけるといった子供好きの一面も持っている。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • 飯島虚心によると、永濯は暁斎の数少ない友人の一人で、常に画法を論じ合っていたという。
  • 山羊の乳を手に入れる代償に、倭子が躰を与えている、それを彼に教えたのは、級の中で数少ない友人の一人だった。 皆川博子『水底の祭り』より引用
  • 次へ »