数多の神司

4 の用例 (0.00 秒)
  • ハルナのみやこには公然こうぜん大殿堂だいでんだうて、時々大教主ときどきだいけうしゆとして出場しゆつぢやう数多あまた神司かむづかさ支配しはいしつつあつた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 39 20080623』より引用
  • しかして数多あまた神司かみ渓流けいりうちてくるしみ、ほとンど全滅ぜんめつせることを委細ゐさい奏上そうじやうしたりける。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 03 20080623』より引用
  • このとき常世姫以下数多とこよひめいかあまた神司かみがみは、おほいにおどろき、各自得物かくじえものをとつて、前後左右ぜんごさいうより大島別おほしまわけおよび玉純彦たますみひこつてかかりぬ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 04 20080623』より引用
  • その翌日よくじつ、ただちに数多あまた神司かみがみあつ歓迎くわんげいえんをはつた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 02 20080623』より引用