数多の神人

10 の用例 (0.00 秒)
  • ここの統一者とういつしや南天王なんてんわうとなへ、数多あまた神人かみがみらより国祖こくそのごとく尊敬そんけいされてゐた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • そこには幾丈いくぢやうともれぬ大岩石だいがんせきがあつて、数多あまた神人かみがみ姿すがた天然てんねんあらはれてた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • されど数多あまた神人かみがみ従来じうらい称呼しようこれて、依然いぜんとして八王八頭やつわうやつがしらとなへてゐた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • 門前もんぜんたたずみ、数多あまた神人かみがみかこまれて大音声だいおんじやうばはつてゐる。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • 節面白ふしおもしろうたひながら異様いやう扮装いでたちにて、数多あまた神人かみがみ取囲とりかこまれうたかみがあつた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • このとき城門外じやうもんぐわいにどやどやと数多あまた神人かみがみささやこゑきこえた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • このとき木花姫命このはなひめのみことはじ数多あまた神人かみがみは、吾姿わがすがたて、 『ウローウロー』 と両手りやうてげてさけび、歓迎くわんげいへうされた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • ここに数多あまた神人かみがみまつりとみえて、河辺かはべさけみ、うたひ、種々しゆじゆ木石ぼくせきたたき、拍子ひやうしをとつて、面白おもしろさうにさわいでゐた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • ここに少彦名神すくなひこなのかみ数多あまた神人しんじんとともにただようた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用
  • そこへ数多あまた神人かみがみあつまつて涕泣拝跪ていきふはいきし、輿こしかつぎきたり、無理むり常治彦とこはるひこ搭乗たうじやう手真似てまねをもつてすすめた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 05 20080623』より引用