数多の星

6 の用例 (0.00 秒)
  • 数多あまたの星たちの背後に神々や動物の姿がうっすらと写って光っている。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • 強力な戦艦型生命体ナイナータをもって数多の星系を征服し2億年間にも渡って栄えたが、約11億年前に内部分裂を起こし滅亡した。
  • そこには、遺伝子学的いでんしがくてきにありないほど蒼色あおいろかみを風になびかせ、生物学的にあり得ないほど大きなひとみに数多の星をかがやかせている女の子が、スカートのすそを指でちょんとつまんで微笑ほほえんでいるアニメ絵のイラストがあった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第01巻』より引用
  • しかし、この渾天儀に書かれた妖怪の星座の名前は、妖怪の研究が月だけでは無く、数多の星々まで幅広い物であった事を示唆している。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • 図録に掲載の印籠は、秋の野の空にあたる上部が無地であるのに対し、上村が持ち込んだものの同じ部分は、半月が浮かぶ夜空で、数多あまたの星が散らされている。 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用
  • 「聖夜」の作曲は、中山晋平で、歌詞は七五調で構成され、夜空に輝く美しい数多の星のようにおわする仏たちに護られて生きていることの歓喜と安らぎが表現されている。