数多の人々

7 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は数多の人々の腹に傷を負わしめたために、この苦しみは真に当然の報いであったのだ。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(下)』より引用
  • 彼の怒号の声はさしも広き法廷の外に響き渡って、何事ぞと数多あまたの人々が駈けつけたと云う。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 平湯峠の上で一行が暫く休んでいる時に、後ろから、つまり自分たちがいま出て来たところの平湯の方から、息せき切って上って来る数多あまたの人々を認めました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 古城には様々なトラップが仕掛けられており、数多の人々の死骸が横たわる部屋など、彼の精神状態を示唆するような物が多数存在する。
  • 始めて知り得たそれ等の事実に対して、とし子は彼の数多あまたの人々をシベリアの雪に埋めた旧ロシアの専制政治に対してよりも、もつと違つた、心からの憎悪を感じないではゐられなかつた。 伊藤野枝『乞食の名誉』より引用
  • 名前の「おもひ」は「思慮」、「かね」は「兼ね備える」の意味で、「数多の人々の持つ思慮を一柱で兼ね備える神」の意である。
  • アガート・ウィリンジイマナ首相や穏健派政党 Parti liberal du Rwanda の党首ランド・ンダシンワをはじめ、数多の人々がUNAMIRに情報を求めて電話し始めた。