数多くの活躍馬

17 の用例 (0.00 秒)
  • ダルハムホールスタッドで種牡馬入りし、数多くの活躍馬を輩出した。
  • 現役時代には大きなタイトルは獲っていないが、種牡馬として数多くの活躍馬を輩出した。
  • 同牧場の生産馬を中心に、現在でも数多くの活躍馬を輩出するファミリーラインを形成した。
  • 数多くの活躍馬を出したが、2000年3月10日に急性心不全のために死亡した。
  • 種牡馬としても数多くの活躍馬を輩出した。
  • また、ワカオライデンはG1勝ちこそなかったが、引退後は地方競馬を中心に数多くの活躍馬を輩出する名種牡馬となった。
  • 種牡馬入り後は父エルシドの後継種牡馬として数多くの活躍馬を輩出し、自身の後継としても中央・地方総合リーディングサイアー5回のキタノトウザイを出した。
  • ソビグは、サマータイムがオセアニアで出した数多くの活躍馬の中でも、特に種牡馬として成功し、その父系を発展させた。
  • 種牡馬入りすると真価を発揮し、同時期にストックウェルがいたため1859年と1863年の2度しかイギリスリーディングサイアーにはなれなかったが、数多くの活躍馬を輩出した。
  • 日本へは戦前にプリメロ、アスフォ-ド、ステーツマンが輸入され、数多くの活躍馬を輩出した。
  • それ以降も、2008-2009年シーズンのニュージーランド年度代表馬Mufhasaなど、数多くの活躍馬を送り出している。
  • 北海道浦河町に存在した日高種馬牧場で国有種牡馬として繋養されると 、数多くの活躍馬を送り出した。
  • イギリスではダービーステークス、アイリッシュダービーなどを勝ったカヤージをはじめ数多くの活躍馬を輩出したが、日本では阪神牝馬特別を勝ったメモリージャスパーが目立つ程度で、イギリス繋養時代と比較すれば失敗に終わった。
  • 引退後はクレイボーンファームで種牡馬入り、フォアゴーを筆頭に、サッチ、サディームなど数多くの活躍馬を輩出した。
  • 半兄に東京優駿勝ち馬フサイチコンコルド、全弟に種牡馬のミラクルアドマイヤ、半弟に京成杯勝ち馬ボーンキングと皐月賞勝ち馬アンライバルド、母の母にイギリスオークスやイギリスセントレジャー勝ちなどがある名牝サンプリンセスがおり、近親に数多くの活躍馬がいる血統である。
  • 調教師としてはポートスーダンやフアインポートなど数多くの活躍馬を管理し、また森下博や竹島春三、佐々木国廣、長谷川茂ら多くの弟子を輩出している。
  • 牝系子孫にはエスプリシーズ、テイエムハリケーン、テイエムオオアラシ、ローリエアンドレなどがいるが、ビクトリアクラウン、ニッポーテイオー・タレンティドガール兄妹など数多くの活躍馬を子孫から輩出し、ビユーチフルドリーマー系中興の祖となった妹オーハヤブサには大差を付けられている。