数多あり

20 の用例 (0.00 秒)
  • それが数多あまたある学校行事の一つでしかないことが如実にょじつに理解できるだろう。 谷川流『涼宮ハルヒの溜息』より引用
  • それは数多あるなかで、例えば以下のいくつかの詩が、よく立証しております。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • 女の顔は左に傾いて細かい数多たくさんある頭の毛が重そうに見えた。 田中貢太郎『水郷異聞』より引用
  • 自分も諒子も、数多あまたある悲劇の中の一つを人生のある時期演じていたに過ぎないのだ。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • だから数多あまたあるゴルフの技術論にはある種の空しさが漂っているのかもしれない。 山際淳司『ダブルボギークラブへようこそ』より引用
  • まあそんな数多あまたあるワン公どもとのしょっぱい過去の一つはともあれ。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第06巻』より引用
  • 女は数多たくさんある髪の毛の乗った頭をかすかに動かして新吉を見あげた。 田中貢太郎『女の首』より引用
  • 数多ある村里の住民の中で、特別に山の人と懇意にしていたという者が処々にあった。 柳田国男『山の人生』より引用
  • これはブラウアーの第二主定理の数多ある帰結の中の一つである。
  • と申して世に剣客は数多あまたあり、五体満足でも奥旨おうしきわめるは至難のわざ。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • 全空連では日本空手協会を数多ある協力団体または会派団体のひとつと位置づけている。
  • また同じくてきと称する者の中にも種類が数多あまたある。 新渡戸稲造『自警録』より引用
  • 生きた伝説を金に変えるというのは、あんなイッカクすらも数多あまたある貿易の商品と一緒いっしょあつかうことなのだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • 小川町には、あまり大きくない大名と旗本の屋敷地が数多あまたある。 畠中恵『ねこのばば』より引用
  • その事実は史上に余りあるほど数多ある。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • この考え方は、数多ある考え方の一つに過ぎない。
  • 日本へ先年渡来の節、写真鏡をもって所々の真景をうつしとりし額なども数多あり。 大宅壮一『炎は流れる2 明治と昭和の谷間』より引用
  • 彼らによって数多あまたある自律型移動都市レギオスにグレンダンの名前が広められることになった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス08 ミキシング・ノート』より引用
  • こうした理由から、そのような集合論学者たちは ZFC に対する数多ある拡張の中でも巨大基数公理には特別な意味があると考えている。
  • あちこちに粗末な卓子、腰掛けなど数多ありて、集会所に当ててある。 林不忘『安重根』より引用