散歩に出かける

81 の用例 (0.00 秒)
  • あなたは子供たちと一緒に森へ行く道のほうへ散歩に出かけてください。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • 時折散歩に出かける時、竜太の足は小学校のある方向に向けられていた。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 英子が傘を持ってまで散歩に出かけようというのも余ほどのことだろう。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • そんなわけで、私はほとんど勉強のない日はお昼頃、散歩に出かけます。 黒柳徹子『チャックより愛をこめて』より引用
  • 冬の午後、散歩に出かける時に火を十分に起こしておくことがあった。 ソロー/神原栄一訳『森の生活』より引用
  • ベンダーは1962年に妻に散歩に出かけると言って行方不明になった。
  • 貴方は今日の午後マックスを連れて散歩に出かけられたではありませんか。 ハシェク/辻恒彦訳『良き兵士シュベイク(上)』より引用
  • まだ田畑や山が残されていたその頃、私は父とよく散歩に出かけた。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • 暗いはずなのに白く染まったその闇の中で、彼は散歩に出かける事にした。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 昔、二人はよく、巴里の郊外に腕をくんで散歩に出かけたものだった。 遠藤周作『協奏曲』より引用
  • 一人で散歩に出かけていった白髪の長耳老人のことも思い出した。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • ちょうど友達は、夫婦で家を閉めて散歩に出かけたと見えて留守であった。 小川未明『貧乏線に終始して』より引用
  • 街や丘陵のほうへは散歩に出かけても、川のほうへは向かえなかった。 深谷忠記『タイム』より引用
  • その上、やろうと思えば自分ひとりで散歩に出かけることだってできたのだ。 カフカ/中井正文訳『変身』より引用
  • そしてまた散歩に出かけて行く時にも、公爵にいっしょに行こうとは言わなかった。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(上)』より引用
  • ボーイにきくと、朝八時ごろ起きて散歩に出かけたという話である。 横溝正史『壺中美人』より引用
  • ところへ友人が遊びに来たのでいっしょに散歩に出かけた。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • ある日、私はいつものように朝の食事の前に散歩に出かけた。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • ある夕方、海岸へ家族一緒に散歩に出かけ、沖を走る遠い稲妻を眺めていた。 巖谷大四『懐しき文士たち 昭和篇』より引用
  • 彼女は一週の疲労つかれを癒するためシャンゼ・リゼイの方へ散歩に出かけた。 モーパッサン・ギ・ド『頸飾り』より引用
  • 次へ »