散る音

53 の用例 (0.00 秒)
  • 圧縮音と金属音と火花の散る音が混ざりあって作業場に鳴り響いている。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 高窓の一つにスズメパチがぶつかり、プンブンと気が散る音を立てていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • 火花が散る音を口に出しながら、リュウシさんが星中と俺の間に割って入った。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • と、再び部屋中に、シャンデリアのガラスの砕け散る音が響き渡った! 高殿円『カーリー 2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日』より引用
  • その刹那せつな深閑しんかんとしていた校舎に、窓ガラスやドアがくだけ散る音がひびいた。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • どこかでガラスの砕け散る音とコンクリートの崩れ落ちる音がした。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ04 暗黒邪神教の洞窟』より引用
  • 脊伸びをして外を見ると、それは落葉が屋根に散る音だつた。 牧野信一『悪筆』より引用
  • ちょうどそのとき、どこかでガラス窓が砕け散る音がした。 ルナール/窪田般彌訳『にんじん』より引用
  • 桜の散る音が聞こえてきそうだった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑦』より引用
  • 静まり返っていた周囲の空気を、ガラスの砕け散る音が、かき乱した。 西村京太郎『愛と憎しみの高山本線』より引用
  • 思いっきりかべに投げつけて、それがくだる音を聞きたいと思った。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅳ 完結編』より引用
  • 同時に、〝目〟が木っ端微塵に砕け散る音を聞いたような気がした。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 畳に大の字に寝転がって、洗い場に湯が跳ね散る音をぼんやりと聞いている。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 竹をすべって雪の散る音を、おせんはたのしい落付いた心持できいた。 宮本百合子『一九二七年春より』より引用
  • 今夜もすぐそこの断崖だんがいの下から、波の砕け散る音が聞こえる。 大石圭『飼育する男』より引用
  • そして釣瓶の水が井戸の中で撥ね散る音に耳を澄まして、寒さに首をすくめる。 チェーホフ・アントン『女房ども』より引用
  • どこか階上で爆発音とガラスの砕け散る音が響いた。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 砲声と機銃晋、何かが爆発し砕け散る音が一体となって耳を騒がす。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • しっとりとした静けさの中で、さらさらと露の散る音がした。 横溝正史『誘蛾燈』より引用
  • 赤い光に満ちた五角錐の空洞に、ケルビムの砕け散る音が続いた。 半村良『石の血脈』より引用
  • 次へ »

散る音 の使われ方