散る火花

9 の用例 (0.00 秒)
  • 苦笑をもって、散る火花と動きの中で飛場は身を回し、周囲を見た。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • ひずめから散る火花が見えたと思った瞬間、一発命中したかのように、地面に倒れて死んでしまった。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • 鬼と生命との格闘に散る火花が視覚をかすめるかも知れない。 北条民雄『癩院記録』より引用
  • さらに分析してみるならば、それは金属のける匂いで、工作の時間にグラインダーで切り出しの刃を研ぐときに、とび散る火花の匂いに似ていた。 豊田穣『海兵四号生徒』より引用
  • 流れる銀光と跳び散る火花は、ほぼ同時に炸裂した。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09d D-蒼白き堕天使4』より引用
  • 戦いの雄叫びと砂塵、剣と剣がぶつかって散る火花と、かわいてはれあがったくちびると、そして突然の苦痛な死に埋めつくされるであろうことが、早くも予期される一日なのだ。 栗本薫『グイン・サーガ 004 ラゴンの虜囚』より引用
  • そして中央の通りでぶつかり散る火花も。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • 舞い散る火花と共に、両者の体が後退する。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 散る火花と、手に返る硬い手応てごたえが快い。 川上稔『AHEADシリーズ 04 終わりのクロニクル②〈下〉』より引用