散る桜

31 の用例 (0.00 秒)
  • BasiL第三作『それは舞い散る桜のように』の企画・シナリオを務める。
  • 岬美由紀は、入学したばかりの小学校の校庭で、舞い散る桜の花を見あげていた。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 西行が散る桜を見てるんじゃないんです。 大岡信『名句歌ごよみ〔夏〕』より引用
  • パッと咲いてパッと散る桜を好む国民性は、千年の歴史に裏打ちされているといっていい。 内田康夫『天河伝説殺人事件(下)』より引用
  • ものうい春昼に、うごくものとては散る桜ばかりであった。 山田風太郎『柳生忍法帖(上)』より引用
  • ただ、美しく散る桜の下にあざみが赤々といている奇妙きみょうさに、長谷は気づいただろうか。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常②』より引用
  • る桜の下で向き合ったままの状態じょうたいが続く。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第13巻』より引用
  • 二台の屋根やボンネットには、舞い散る桜の花びらがうずたかく積もっている。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • 舞い散る桜の中で、去りゆくラネーフスカヤが万感の思いでつぶやく。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • かつて王が『それは舞い散る桜のように』でヒロインの名前を新幹線つながりにしたとき、取材で次は銀行の名前で作りますと適当に答えていたことを鈴平が覚えており、今回薦めたからである。
  • 次の貫之の一首も、そのような複雑な時間表現を内に秘めながら、風に散る桜の花を波に見立てて、水のないはずの空になごりただよう落花をしんでいる。 大岡信『名句歌ごよみ[春]』より引用
  • 三月になって、咲く桜、散る桜が混じって春の気分の高潮に達したころ、閑散な家では退屈さに婦人たちさえ端近く出て、庭の景色けしきばかりがながめまわされるのであった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 一月となり二月となり、暖かい江戸では梅が散り桜の花が咲こうというのに、窩人部落の笹の平は深い雪に包まれていた。 国枝史郎『八ヶ嶽の魔神』より引用
  • 遠くはるばるとかすんだ空を負って、散る桜もあり、今開いてゆく桜もあるのが見渡される奥には、晴れやかに起き伏しする河添い柳も続いて、宇治の流れはそれを倒影にしていた。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 風見学園付属に通う少女・史桜は舞い散る桜に見守られながら、ごく平凡だがそれなりに楽しい日々を送っていた。
  • 後から後からい散るさくらられながら、すずめ紅梅餅こうばいもちに続いて花びら餅を頬張ほおばる。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版④ 天空の竜宮城』より引用
  • 薄紫からマゼンタ・ピンクまで、光の中でさまざまに色をかえながら舞い散る桜の花びらからは、枝のざわめきや香りも漂い出してきそうだった。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • まさに吹雪ふぶきごとい散るさくらに、ヤンヤの喝采かっさいが送られる。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版② 異界から落ち来る者あり 下』より引用
  • ゆえに、いにしえ人は、散る桜を悼んで、花鎮はなしずめうたげを催したのだ。 山藍紫姫子『花夜叉』より引用
  • 橘は葉が常緑であることから、すぐに散る桜とは対照的に「永遠性・永続性」の象徴と考えられており、「非時香果」もまた不老不死の霊薬と考えられる。
  • 次へ »

散る桜 の使われ方