散る時分

7 の用例 (0.00 秒)
  • 桜の葉が黄ばんで散る時分に、妊娠の徴候がまたお銀の体に見えて来た。 徳田秋声『黴』より引用
  • 花の散る時分に、お銀は帰省する笹村の支度を調えるのに忙しかった。 徳田秋声『黴』より引用
  • 桜の散る時分には、夕暮の風に吹かれて、四つの橋をこちらから向こうへ渡り、向こうからまたこちらへ渡り返して、長いどてを縫うように歩いた。 夏目漱石『それから』より引用
  • そして人波の散る時分、賑やかな街も余程もう黒ずんで人間の数よりも自動車の数が目立つて多くなる時分に、先生も街を捨てて住居へ帰つた。 坂口安吾『群集の人』より引用
  • そして、三月になって熱海の梅が散る時分じぶんになって、喜美代の母親の病気が癒ったので、その間に結婚式をあげようと云うことになった。 田中貢太郎『赤い花』より引用
  • 桜の散る時分には、夕暮の風に吹かれて、四つの橋を此方こちらから向うへ渡り、向うから又此方へ渡り返して、長いどてを縫う様に歩いた。 夏目漱石『それから』より引用
  • さくらる時分には、夕暮ゆふぐれかぜかれて、よつつのはし此方こちらからむかふわたり、むかふから又此方こちらわたり返して、長いどてふ様にあるいた。 夏目漱石『それから』より引用