散るらん

6 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は『いかにせん都の春も惜しけれどなれし東の花や散るらん』の歌を宗盛に見せる。 野口米次郎『能楽論』より引用
  • ひさかたのひかりのどけき春の日に、しづ心なく花の散るらん! 山本有三『路傍の石』より引用
  • 陽春の花盛りになって、薫は近い二条の院の桜のこずえを見やる時にも「あさぢ原主なき宿のさくら花心やすくや風に散るらん」と宇治の山荘が思いやられて恋しいままに、匂宮におうみやをお訪ねしに行った。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 毎年桜が咲く頃になると、久方のひかりのどけき春の日にしづこころなく花の散るらん、という歌を何度か思い出し、そのたびに犬や猫がノビをするように、思いきりノビをしてごろりと横になってみます。 村松友視『百合子さんは何色 ―武田百合子への旅』より引用
  • しかし、しづ心なく花の散るらん! 山本有三『路傍の石』より引用
  • しづ心なく花の散るらん! 山本有三『路傍の石』より引用

散るらん の使われ方