散るよう

144 の用例 (0.00 秒)
  • ひと気のない袋小路ふくろこうじに足音が近づくと、ネズミが散るように逃げていく。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第10巻 ロンドン橋に星は灯る』より引用
  • しかしこのためにあとになって、どんなに私の気が散るようになったことだろう! アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • 気が散るように、バスん中じゃあ面白い話でも聞かせてあげるさ。 西尾維新『新本格魔法少女りすか 02』より引用
  • はげしい決意に、藤吉郎はからだ中から火花が散るような思いであった。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • このように、彼らはふらりと現れ、きりが散るようにいなくなる存在で。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 何かがぶつかって音が出るたびに、そこでガラスの先が砕け散るようである。 尾克彦『父が消えた 五つの短篇小説』より引用
  • 第三の護衛 己もなんだか目の前に 火花が散るようで、好く見えなかった。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 庭の樹木が紅葉して、いつの間にかその葉が散るようになっていた。 豊島与志雄『秋の幻』より引用
  • 花の色がおとろえていつしか散るように、あんなに元気だった人もやがて死ぬ。 玄侑宗久『死んだらどうなるの?』より引用
  • 無数のグラスが砕け散るような音とともに、青い閃光が夜闇を染めた。 九里史生『SAO Web 外伝05 圏内事件』より引用
  • 青い火花が散るように、かれらは向きあったまま立ちつくしていた。 栗本薫『真夜中の天使1』より引用
  • いまそれは急速に薄れてゆき、汚れが水に散るように、暗闇は空から消えていった。 クラーク『楽園の泉』より引用
  • 火花の散るような一瞬一瞬でありながら、永遠であるものが。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • 野の果てにかがやいていた灯が、下方に広く散るようになったところから相当に高度を上げていることがわかった。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 窓から時々コンフェッチを投げるのがちょうど桜の散るような心持ちがします。 寺田寅彦『先生への通信』より引用
  • この男がジャマールを買収ばいしゅうし、こっちの気が散るようにしている可能性だってあるじゃないか。 ジョーンズ『ハウルの動く城02 アブダラと空飛ぶ絨毯』より引用
  • まるで窓ガラスがくだけ散るように、トランペットの響きが打ち破られた。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 火の玉が足をつたわって床にころころと音を立ててとび散るようだ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『15 スラッシュ株式会社』より引用
  • 眼をこらすとまるで煙が散るように姿が消えた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 女達は皆目を見合って急に荷散るように笑い出したら光君までまっかなかおをして笑い出してしまった。 宮本百合子『錦木』より引用
  • 次へ »