全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 蛍光灯の青白い光の下に、白布におおわれた由紀の遺体が横たわっていた。 ...
  • すこしでも気をぬいたり、逸らしたりした瞬間にやぶれる、そして肉体がやぶれると。 ...
  • 君はなぜ細君さいくんや子供をやぶくつのようにてたのだ。
  • どの部屋にもそれを高くかかげてゆく、そしてつまり、場合によってそれを敝うことで、いつもさらしている単調さが加減され、その美しさが明らかになるのだ。 ...
  • されば嗅覚はわが花冠を軽んじて、人来ってわが色香をおお面衣ヴエールぐことなし。 ...
  • 子路曰く、願わくは車馬衣軽裘けいきゅう、朋友と共にし、之をやぶりてうらみ無からんと。 ...
  • 忠良は宝暦元年に病死し、次男の忠敝が第2代藩主となった。 ...
  • 子路曰く、願わくは車馬衣裘いきゅうを、朋友とともにして之をやぶるもうらみなからん。 ...
  • 関夷の後は、関敝・関朗・関康之・関攀と血筋が続いたともある。 ...
  • なお、「敝」は日本では12画と数えることが多いが、中国では11画と数え、「ソ巾ハ攵」の順に書く。 ...
  • また、ある時には、「敝たる縕袍を衣、孤貉を衣たる者と立ちて恥じざる者は、其れ由なるか」と外見を取り繕うことのない姿勢を評した。 ...
  • 権力を振りかざし「造兵敝火災事件」「東海岸反乱事件」「ニューデリー密談説」など、軍内外の多くの事件を仕組んだと言われている。 ...
  • 吾が慈母よりして新たに贈られたる衣服ありと假定すれば、其の美麗にして輕暖なるを悦びて、舊衣猶ほ未だやぶれざるに之を着用して、舊衣をば行李中に押まろめたるまゝ、黴と垢とに汚さしめ、新衣をば早くも着崩して、折目も見えざるに至らしむるが如きは、惜福の工夫の無いのである。 ...
  • 萎頓困敝の「いきつく」は氣盡いきつくで、奮發努力せんとするの「いきごむ」は氣籠いきごむである。 ...
  • 例としては貴姓、貴庚、貴體、貴名、貴府、尊夫人、令尊、令堂、令郎、敝國、敝眷、敝公司、拙作、拙見、拙夫/賤内、寒舍などがある。 ...