敗戦必至

7 の例文 (0.00 秒)
  • 「知識階級の敗戦必至論はまことに遺憾であります」 これによって東條がどのような意見を述べるか、天皇も藤田尚徳も知ったであろう。 ...
  • 後の自著において小島は投降の決断理由を、部下の命を救うことが目的と述べており、また、かつて暗号士として極秘情報を扱っていたために日本が敗戦必至と理解していたこと、本来は投降者は軍法会議にかけられるが、日本が敗戦すれば軍法会議もなくなると見ていたとも述べている。 ...
  • その前文には、「敗戦必至なりとは陸海軍当局の斉しく到達せる結論にして、只今日はこれを公言する勇気なしという現状なり」とあった。 ...
  • その上に、兵力差を越えて犠牲をいとわない赤軍の電撃戦の前に、拠点確保・撤退禁止を命じられたナチス・ドイツ軍は、各地で包囲殲滅され、驚くほどの短期間に開戦来の地を追われ、独ソ戦の帰趨を決する大敗を喫し、敗戦必至の烙印を押すのである。 ...
  • 高天神城に立てこもっていた横田尹松は、この火ヶ峰砦の完成を目にして敗戦必至を悟り、高天神城を見捨てるよう勝頼に書状を出したという。 ...
  • 近衛は「敗戦必至である」として、「和平の妨害、敗戦に伴う共産主義革命を防ぐために、軍内の革新派の一味を粛清すべきだ」と提案している。 ...