敗北必至

11 の例文 (0.00 秒)
  • 比較的縁の薄い遠江とうとうみの部下たちは、敗北必至と見て裏切りの気配を示しているのだ。 ...
  • それも今は五分と五分だが、朝倉本隊四千が投入されれば、敗北必至の状勢である。 ...
  • フィリピン戦の敗北必至という実感は、戦っている将兵たち自身がだれよりもよく知っていた。 ...
  • 勝つ自信はあるのか、勝利は確実であると断言するわけにはいかぬが、敗北必至ともいえないのである、という応酬がつづいた。 ...
  • ドイツ海軍の水兵が、敗北必至の状況下で最後の大規模な戦役への出征を拒否して反乱した。 ...
  • ただし、この時点では尊氏本人すら敗北必至だと思っており、正成の先見の明を示す逸話であっても、後醍醐や公家たちが足利方に比べて戦略眼がなかったという訳ではないことに注意する必要がある。 ...
  • 攻防は数か月にわたり、殷琰は敗北必至となったため、北魏の救援を求めようとした。 ...
  • イラン革命の直後にイラクに攻撃されたイランは、国際的には敗北必至と判断され、実際に戦死者はイラクをはるかに上回っていた。 ...
  • 急進党が分裂し、敗北必至とみられた1928年の大統領選挙でイリゴージェンが勝利すると、第一次イリゴージェン政権とは比べ物にならない速さで改革が実施されることになる。 ...
  • 太平洋戦争末期に戦いの最前線であるルソン島での戦闘に参加し、アメリカ軍の前に敗北必至となった際、「生きて慮中の辱を受けず」、つまり敵軍の捕虜になるくらいなら死を選べとの日本軍の心得「戦陣訓」が絶対視された戦中において、敢えて投降の道を選んだ。 ...