敗で惜しくも

16 の用例 (0.00 秒)
  • 延長戦での勝利を2回あげるなど接戦をものにしたが9勝7敗で惜しくもプレーオフ出場を逃した。
  • しかし、タイガースとのワールドシリーズでは3勝4敗で惜しくも敗れ去った。
  • 前年地区最下位同士の対戦となったミネソタ・ツインズとのワールドシリーズでは2本塁打を記録したが、3勝4敗で惜しくも敗退した。
  • アナハイム・エンゼルスとのワールドシリーズでは全7試合に出場したが、3勝4敗で惜しくも敗退した。
  • 同場所では7勝8敗で惜しくも負け越したが、本人は引退時の思い出の取組として敗れはしたものの、この場所の千秋楽、7勝7敗で迎えた小城ノ花との取組を挙げている。
  • ロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズではチーム最多の6打点を記録するが3勝4敗で惜しくも敗退し、リーグ優勝はならなかった。
  • ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでも3試合に登板し無失点に抑えたが、チームは3勝4敗で惜しくも敗退しリーグ優勝を逃した。
  • ワールドシリーズではチーム本塁打67本で両リーグ最下位のセントルイス・カーディナルスと対戦し、3勝4敗で惜しくも敗れた。
  • ミネソタ・ツインズとのワールドシリーズでは1勝1敗だったが、3勝4敗で惜しくも敗退した。
  • ミネソタ・ツインズを最後まで苦しめるが、3勝4敗で惜しくもワールドチャンピオンを逃したが、自身は最優秀監督賞を受賞した。
  • 次の横綱候補に名乗りを挙げる、翌場所初の綱獲りに挑んだが、初日にいきなり苦手の栃乃和歌戦で黒星発進、終盤で共に優勝決定戦進出の横綱大乃国・北勝海に共に敗れて12勝3敗で惜しくも綱獲りは失敗に終わった。
  • チームは3勝4敗で惜しくもワールドチャンピオンを逃した。
  • ロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズ第6戦で、1失点完投勝利を挙げたが、3勝4敗で惜しくも敗退した。
  • ファイナルの対戦相手であるワシントン・ブレッツはウェス・アンセルドとエルビン・ヘイズを擁したベテランチームでソニックスは3勝4敗で惜しくも敗れた。
  • 関脇陥落場所において、大受は9勝6敗で惜しくもあと1勝足りず、把瑠都と琴欧洲は8勝7敗の成績ながらも2勝足らずに、それぞれ大関特例復帰を逃した。
  • ワールドシリーズではサンディ・コーファックス、ドン・ドライスデールを擁したロサンゼルス・ドジャースに3勝4敗で惜しくも敗退した。