政権奪回

25 の用例 (0.00 秒)
  • 民主党のオバマ政権からの政権奪回は、全候補者の一致した目標である。
  • ネタニヤフは政権奪回後の政権構想について、右派や宗教政党主体の内閣にすると示唆している。
  • 政権奪回を目指すネタニヤフとの話し合いの末、政界復帰の考えを明らかにした。
  • 労働党は、マスコミの世論調査で選挙直前まで優位な状況が続き、政権奪回も不可能ではないとされていた。
  • 最大野党の「法と正義」は第2党に留まり、政権奪回は成らなかった。
  • その後も晴元は政権奪回を目指して再挙を図るが、長慶に敗れて永禄4年に和睦せざるを得なくなった。
  • パルデン・トンドゥプが政権奪回を狙って立法議会指導者を暗殺し、首都で騒動を引き起こそうと計画したことがインド政府の激怒を買ったためとされる。
  • ブレア党首の誕生と政権奪回の実現で、モダナイザーが党内の主導権を確立した。
  • 特に政権奪回を最優先としていた民主党と文在寅は当初から一本化を安哲秀陣営に呼びかけていたが、安哲秀は明確な姿勢を示していなかった。
  • しかし、政権奪回直後にND政権下での巨額の債務隠し問題が発覚し、ギリシャ経済は経済危機に陥った。
  • 高支持率を背景に2009年2月10日に予定される総選挙で政権奪回を目指しており、同党の象徴であるメナヘム・ベギン元首相の息子・ベニー・ベギン元科学相の復党と、ジャボティンスキーの孫の入党が既に発表されている。。
  • 選挙戦も政権奪回を目指すリクードに差をつけられていたが、ガザ紛争でハマスに攻勢を掛け、最終的には28議席を獲得・第一党の座を守った。
  • しかしその後も野党勢力の一角として政権奪回への意欲は捨てず、2001年に入念な根回しの末に野党連合「自由の家」を結成して総選挙に勝利を収めた。
  • 一方で現政権の経済政策を批判し財政赤字の削減を訴えたPSDも小幅な議席増にとどまり、政権奪回はできなかった。
  • これに目をつけたのが折しも義仲と結んで政権奪回を画策していた前関白の松殿基房で、基房はわずか12歳の嫡子・師家を藤氏長者とするために、実定から一時的に内大臣の職を借官するかたちで師家の摂政内大臣就任を実現させた。
  • また得票でも71万余増やし、政権奪回を確実にした国民党が増やした得票55万余を上回る結果となった。
  • 保守勢力が大同団結して発足した保守党は国政における急激な右旋回を警戒する有権者心理も影響し、選挙前の78議席から99議席と小幅な伸びに留まり、当初目標としていた政権奪回を果たすことは出来なかった。
  • クィウォンパら35人がモンロビアに入りクーデターを行ったのだが、もう少しで政権奪回のところで、ドウ大統領の命令でリベリア国軍が6時間で彼らの行動を鎮圧した。
  • しかし、任期満了によって行われた国民議会選挙では前回失った議席を大幅に回復、議席数ではGERBに次ぐ第二党に留まったが、GERBが組閣を断念したことにより、プラメン・オレシャルスキを首相とする新内閣をトルコ系住民主体の「権利と自由運動」の協力を受けて発足させ、政権奪回を実現した。
  • 一方、政権奪回を目指した社会労働党は前回よりも議席を減らし敗北、スペイン共産党を中心とした統一左翼も前回よりも大幅に議席を減らす結果となった。
  • 次へ »