政権を奪回

24 の用例 (0.00 秒)
  • 政友会が政権を奪回した田中義一内閣時代には衆議院議長に選出された。
  • しかし2009年の議会選挙では、再びPSが第一党となり政権を奪回することはできなかった。
  • リクードが政権を奪回した暁には、国防相への意欲を示している。
  • それまでの不況対策がさほど実を結ばなかったこともあり、同年の選挙でマッケンジー・キングが政権を奪回した。
  • 労働党が政権を奪回するとジェンキンスは1974年から1976年にかけて再び内務大臣に任命された。
  • 霊太后が政権を奪回すると、李獎は官爵を剥奪された。
  • 政権を奪回後、初めて総選挙となるハンナラ党においても元党代表で李明博大統領と大統領候補の座を争った朴槿恵に近いグループが公薦から脱落した。
  • 連立政権を結成していたニュージーランド国民党も敗北しニュージーランド労働党が政権を奪回する。
  • しかし、1964年に政権を奪回した労働党のウィルソン内閣は1967年に鉄鋼や運輸などの産業を再び国有化した。
  • さらに、2008年総統選を経て政権を奪回した国民党の馬英九総統が「九二共識」を基礎に中台関係を促進すると方針を決定した。
  • この機に乗じて政権を奪回したミロラフスキー派は13歳のイヴァン5世をツァーリとし、ピョートルはその共同統治者に格下げされた。
  • その結果、朝鮮は清からの独立を果たしたが、三国干渉によって日本の影響力が後退すると、甲午改革によって政権を追われていた閔妃とその一族はロシア公使カール・イバノビッチ・ヴェーバーとロシア軍の力を借りてクーデターを行い、1895年7月6日に政権を奪回した。
  • 穆公元年、穆公は改革を実行するため、博士の公儀休を魯の相に任命し、三桓氏から政権を奪回すべく、親政を開始した。
  • この結果、イラク戦争に兵士を派遣したアスナール政権に対する批判が集中し、社会労働党が比較第一党に躍進、8年ぶりに政権を奪回してホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテーロが首相に就任した。
  • その後、メージャー内閣を経て、1997年には保守党から政権を奪回した労働党のブレア内閣はサッチャー内閣の基本路線を踏襲しつつも、是正する政策を行っていった。
  • メネム政権末期に悪化したアルゼンチン経済は、1ドル=1ペソというレートに手を付けない限りはすでに手の施しようのない状態になっていたが、政権を奪回した急進党のフェルナンド・デ・ラ・ルア政権は事態を改善することができないまま2001年12月の債務不履行宣言、アルゼンチン経済崩壊に至った。
  • しかし、保守・中道連立政権を奪回したヘルムート・コールは再び対ソ強硬論に戻り、ソ連軍のSS20に対抗する米軍のパーシング・ミサイル導入を決め、国内の反核運動を抑えた。
  • しかし戊戌の政変で西太后が政権を奪回すると、譚嗣同・楊深秀・林旭・劉光第・康広仁とともに斬られた。
  • しかし戊戌の政変で西太后が政権を奪回すると、譚嗣同・楊深秀・劉光第・楊鋭・林旭とともに斬られた。
  • そしてボールドウィンが1924年11月に政権を奪回すると、カーゾンは枢密院議長に任じられた。
  • 次へ »

政権を奪回 の使われ方