政友会の国体明徴

5 の用例 (0.00 秒)
  • そう思って見たせいか、政友会の国体明徴騒ぎは、政友自身その頃どうも少し気がひけていたのではないかと思う。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 政友会の国体明徴の主張がなぜあんなに空疎であるかは、この無知な区別からも説明できよう。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 而も困ったことには、この見地からして、政友会の国体明徴委員会が海相に申込んだ会見などに対しても、充分慎重な態度を取る意向だったということだ。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • でつまり、政友会の国体明徴論とは、政友会が政権を握らねばならぬという国体を、明徴にすることだったのだ。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 政友会の国体明徴実行委員代議士達が会合して、機関説に対する政府の措置の不徹底を責め、「わが党は卒先して国体明徴目的貫徹のため邁進し速かに問題の解決を期す」という申し合わせをしている。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用