政党の離合集散

7 の用例 (0.00 秒)
  • その後、政党の離合集散の中で、大正・昭和初期には政友会系の性格を強めた。
  • 政党の離合集散が激しいトルコ政局にあって、約10年間の長期政権を実現した。
  • これによれば1993年以降の日本は、分極的多党制へ変化したことになるが、その後の政党の離合集散によりこの議論は複雑なものとなっている。
  • 民主化以降における政党制の特徴として、頻繁な政党の離合集散による政党制の流動化、主要政党の地域政党化現象、が挙げられる。
  • 「頻繁な政党の離合集散」でも指摘したように、民主化後の主要政党は地域感情を背景として強い影響を有していた三金の「私党」で、彼らが資金・人事・公認権を通じて党運営を牛耳っていた。
  • 政治は多党制の政党政治を基本としているが、政党の離合集散が激しく、議会の選挙は小党乱立を防ぐため、10 % 以上の得票率を獲得できなかった政党には議席がまったく配分されない独特の方式をとっている。
  • この後も政党の離合集散が相次いだために政権は不安定であり、ルター、第二次マルクスと短命の内閣が続いた。