改めるよう

119 の用例 (0.01 秒)
  • しかし、それはちがうのではないか、と改めるような動きが出て来た。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • そしてそれをたまたま盗み聞きしていたジャックも考えを改めるようになる。
  • 同様の西洋化志向から、スルタンは軍服を西洋風に改めるよう命じていた。
  • ただし、ギリシャはその後もマケドニアの国号を改めるよう要求している。
  • 同時に、1990年代よりマケドニアの国号を改めるよう要求している。
  • こうした事があり、藤本は競馬への姿勢を改めるようになった。
  • 今の態度を改めるよう、卿にはよくよく言い聞かせようとした矢先であったものを! 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • 説得で態度を改めるような兄ではなかった。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 単純に言えば、結果によって原因を改めるよう、結果をもとへ還元することを言う。 半村良『産霊山秘録 上の巻』より引用
  • まさか、ご親切に生き方を改めるようご忠告に来てくれただけってわけでもないでしょう。 遠藤徹『姉飼』より引用
  • このため家康は姓を樽に改めるように命じたという。
  • あの女はおれにそのおり、身持ちを改めるようにというおごそかな約束をさせたものだ。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 当初は同人活動をファンのお遊びとしてとらえていたが、やがて考えを改めるようになった。
  • と長吉はもう一度改めるような眼つきになって視た。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • しかしたとい千年万年そこにうずくまっていたって妹が態度を改めるようなことは起らなかったであろう。 カフカ/高橋義孝訳『変身』より引用
  • 当時災異が続いたため、漢初からの災異の記録を参照して政事を改めるよう上疏した。
  • しかし2006年に初の敗北を喫したあたりから徐々に考えを改めるようになり、現在はジムの誰よりも練習熱心になったという。
  • 天武天皇11年にはそれまでの日本独自の髪型である角髪を改めるように命じた。
  • この際に、秀吉より森姓を毛利姓に改めるように命じられ、毛利壱岐守を称した。
  • もしそれが私の書いたものと一致していなければ、その方々の非難を正しいものとして、私は自分の過ちを改めるようにつとめましょう。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(中)』より引用
  • 次へ »

改めるよう の使われ方