支える

全て 動詞
6,447 の用例 (0.01 秒)
  • そして外の共同の水場に行くと、肩から下ろして力の抜けた体を支える。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • 若い士官は全身の力が抜けて、身体を支えることもできなくなっていた。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 08 マシン増殖』より引用
  • だから作品の宗教的なものを支えるためにぼくは信仰の力が欲しかった。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 支えるものもないのに、空中に浮かんでいるる昔ふうの風見に似ていた。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会7)魔法博物館の謎(TXT)』より引用
  • ああと折江は小さくさけび、ささえる力を失った体をがっくりと畳にせた。 平岩弓枝『ちっちゃなかみさん』より引用
  • 顔をあげると毬谷先生が、ぼくを後ろから支えるようにして立っていた。 野村美月『文学少女シリーズ04 “文学少女”と穢名の天使』より引用
  • そのくらいの役割ならば、という顔で、戸を支えるために腕を伸ばした。 森博嗣『G 01 φは壊れたね』より引用
  • 土台を支える騎士きしは、いつだって楽をしているように思われるのである。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 下に根がたくさんつき過ぎていたが、それでも体を支えるのに役立った。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔下〕』より引用
  • これは大政治家として必須の自惚れであると共に彼を支える自信である。 南條範夫『山岡鉄舟(三)』より引用
  • 私の足が私を支える力を失ってしまうまで抵抗することができます。 三好十郎『抵抗のよりどころ』より引用
  • 私の背中に両腕まわして、そのままでいる事は支えるというんですか? 奈須きのこ『月姫 日向の夢(琥珀・トゥルーエンド)』より引用
  • 私は、この人の自信を支えるものは、いったい何だろう、と思いました。 内田春菊『もんもんシティー』より引用
  • こんなに弱くて自分を支えることができなくても生きてるんだなって。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • 中間的なところで立体を支えるのは、目の覚めるようなヒットだろうか。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • 階段の手摺てすりを支える棒とか、椅子やテーブルの脚を、ここで作るのです。 安部譲二『塀の中の懲りない面々 2』より引用
  • 激しい動きをして、頭部を支える細いくきに負担がかかったのをおそれていた。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • しかし果して文学によってこの生を支えることが出来るでありましょうか。 福永武彦『第一随筆集 別れの歌』より引用
  • それにこの大重量の砲身を支える砲架の問題にも彼は頭を悩ませていた。 山田風太郎『海鳴り忍法帖』より引用
  • でも、彼女の一家の生活を支えるには、あまりに金を持っていなすぎる。 黒島伝治『渦巻ける烏の群』より引用
  • 次へ »