擲弾兵連隊第i

17 の例文 (0.01 秒)
  • ハマーシュタインに帰還した第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊は現在の状態を点検したが、大隊の兵力は著しく低下していた。 ...
  • 結果として第69SS擲弾兵連隊第I大隊によるシラースドルフ反撃作戦は失敗に終わり、彼らは再び後方へ退いたが、その後の散発的な戦闘でも芳しい戦果をあげることはなかった。 ...
  • そして、先遣隊に続いて到着した列車に乗っていたフネの第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊の一部もポメラニア戦線に降り立った。 ...
  • この時の「シャルルマーニュ」師団第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊の編成は次の通り。 ...
  • その後、10月半ばにフネはシュヴォルニガッツに戻ったが、不在の間にフネは第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊の指揮官に据えられていた。 ...
  • ハインリヒスヴァルデ村から負傷兵を後送する作業が完了した後、アンリ・フネSS義勇中尉の第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊は北東方面への後退を開始し、2月25日明け方に新たな陣を敷いた。 ...
  • この時のアンドレ・レジボSS少尉が中隊長を務める第69SS擲弾兵連隊第I大隊第1中隊の編制は次の通り。 ...
  • 以降、数日間に渡って「シャルルマーニュ」師団の各部隊は出発準備の整った部隊から列車に乗り込み、アンリ・フネSS義勇中尉の第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊は2月18日に出発した。
  • 当初、ラブルデットは同連隊の1個中隊の指揮を委ねられた が、後にアンリ・フネSS義勇中尉が指揮を執る第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊に当直として配属された。
  • そして2月10日に卒業した後、フネは改めて第33SS所属武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊長に就任した。 ...
  • しかし、同日夕方、「ヴァロニェン」師団第69SS擲弾兵連隊第I大隊第1中隊第2小隊長として参加したシラースドルフへの反撃作戦の際に赤軍狙撃兵に撃たれて負傷した。
  • その一方で、戦闘継続を希望した者たちは第69SS擲弾兵連隊第I大隊長アンリ・デリクスSS大尉を指揮官に据えた1個戦闘団「デリクス」を編成し、シュテッティン・アルトダム橋頭堡へと向かった。 ...
  • フネがこれまで指揮を執っていた第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊の中で、補佐官ジャン=クレマン・ラブルデットSS義勇連隊付上級士官候補生、第4中隊長ピエール・クーヴルSS義勇曹長は引き続きフネの指揮下に入った。
  • ゾフィーンヴァルデ軍学校卒業後、ルロアは1945年1月10日の時点で第28SS義勇擲弾兵師団「ヴァロニエン」第69SS擲弾兵連隊第I大隊の連絡将校を務めており、1945年2月にSS少尉に昇進した。 ...
  • 後に第8フランスSS義勇突撃旅団第II大隊を経て第33SS所属武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」に所属し、第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊当直、行進連隊第I大隊副官、第57SS大隊第1中隊長を務めた。 ...
  • 第33SS所属武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」では第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊長を務め、1945年2月下旬〜3月中旬のポメラニア戦線に従軍。