操る

全て 動詞
3,070 の用例 (0.01 秒)
  • 唯一の武器まで操られてしまったら本当に手も足も出なくなってしまう。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • 結局悪いのは自分の能力ではなく、それを操っていた自分自身なのだと。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • 支配された者は生きながら操られた末、脳をやられて死んでしまうのだ。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • 姫神ひめがみが入ったのは仕方ないとして、あやつられない方法があるんじゃないか? 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • もう一方のものは白魔術士と呼ばれており、こちらは時間と精神をあやつる。 秋田禎信『魔術士オーフェンはぐれ旅 第01巻 「我が呼び声に応えよ獣」』より引用
  • ただ自分が操っている機関銃のみが反抗の悲鳴を続けているのであった。 菊池寛『勲章を貰う話』より引用
  • 観客に見えないところで、見えない方法で人形を操っていたものですね。 泡坂妻夫『乱れからくり』より引用
  • 建物の前の道路に出ると、青のリグルにあやつられた例の警官けいかんが立っていた。 三上延『シャドウテイカー4 リグル・リグル』より引用
  • しかも彼自身、機関銃を操って、他の多くの人間を殺していたのである。 菊池寛『勲章を貰う話』より引用
  • このような態度は、私の運命を操る人々に有利であることも知っている。 ルソー/太田不二訳『孤独な散歩者の夢想』より引用
  • 相場の流れに乗ることはできても、それをあやつることは神にしかできない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅲ』より引用
  • 誰の金であろうと、十年間それであやつられていたことに違いはないと思った。 半村良『黄金伝説』より引用
  • エルメスが再び女性パイロットによって操られるとは考えもしなかった。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅡ』より引用
  • だが、いまやカークは自分を操る黒い手の存在を意識してしまったのだ。 ロッデンベリイ『スター・トレック』より引用
  • 操られていた時の記憶が残っているから、何が起きたのかはわかっている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ01 連帯惑星ピザンの危機』より引用
  • 昨日も言ったように、人が操らなくては船がここまで入っては来られない。 高橋克彦『紅蓮鬼』より引用
  • どこかの誰か、どこかのなにかに操られているだけの存在かもしれないさ。 神林長平『戦闘妖精・雪風(改)』より引用
  • わしのむすめは修道女だが、彼らの魔力にあやつられているような気もするのだ。 桜庭一樹『GOSICK 第5巻』より引用
  • その言葉は明らかに、紫のレーザーを操る攻撃者を知っていると思える。 川原礫『アクセル・ワールド 12 -赤の紋章-』より引用
  • 自分が自分ではなく、目に見えない糸に操られる人形になったようだった。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 次へ »