擁す

全て 動詞
52 の用例 (0.00 秒)
  • これには執筆者に歴史学者を擁していないことの影響も指摘されている。
  • 二人が相擁あいようして死を語った以後二十年、実に何の意義も無いではないか。 伊藤左千夫『水害雑録』より引用
  • 二人が相擁して死を語つた以後二十年、實に何の意義も無いではないか。 伊藤左千夫『水害雑録』より引用
  • 彼は母親の前に倒れふして母親の足に接吻をし、二人は相擁して泣いた。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(下)』より引用
  • 三人の医楽士と五柱の精霊医師を擁し、常に精霊達の治療に備えている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 03 スパーティング・クリムゾン』より引用
  • 管下に車両基地、乗務員区所を擁しており、以下の路線を管轄している。
  • 腹ちがいの子三人の幼い者を擁して、後妻の章氏しょうしも途方にくれていた。 吉川英治『三国志』より引用
  • そこから伏見屋敷にのがれ、待ちうけた良子と相擁してその無事を喜んだ。 五味康祐『刺客(せっかく)』より引用
  • 門の外にはいかめしく武装した清盛きよもりの兵士らがわしの車をようして待っていた。 倉田百三『俊寛』より引用
  • 過去に鉄道が通っていた、あるいは過去に重要な鉄道設備を擁していた例が多い。
  • それによると恒星は、地球の計算で一万年前、四十二個の惑星を擁していた。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『05 決戦! ヴェガ星域』より引用
  • 船の上には、ふたりのかしら格のもの、それを前後から擁しているもの。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(八)』より引用
  • かつての黄金時代には二十二人の社員をようしていたという。 野尻抱介『クレギオン 1 ヴェイスの盲点』より引用
  • 彼等は、新たに手に入れた地上人をようし、新しい挑戦ちょうせんを意図していたのである。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 03 ガロウ・ラン・サイン』より引用
  • 筑豊で最大の人口を擁し、筑豊の政治・経済の中心機能を持つ都市である。
  • 大会議場は大運河に面し、前には整備された石畳敷きの広場をようしていた。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • それこそ、今夜、あの病院の玄関でウララ夫人をようしていた男に違いない。 海野十三『人造人間事件』より引用
  • 市谷田町に札幌時計台を模した東京支社ビルを擁していた時期もある。
  • 一方プロイセン軍を中心とするドイツ連合軍は50万の兵力を擁していた。
  • そして彼が目をあいた時には彼氏と彼女はすでに相擁して立ち去った後でした。 坂口安吾『裏切り』より引用
  • 次へ »

擁す で始まる単語