撥ね

全て 動詞 名詞
1,235 の用例 (0.01 秒)
  • しかし、ここにある一つの泥の撥ねたのは、指跡の上についているんだ。 セイヤーズ/小山内徹訳『ピーター卿乗り出す』より引用
  • たとえ、車でねたとしても、雅比古が三人もの人を殺すとは思えない。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • Kさんが後に残ったおき火をかい上手じようずに水をねかして消してしまった。 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』より引用
  • 車にねられた時、その少年は、両親の供養に来ていたのかもしれない。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • 今、手をね退けるのが常識なのに、そうすることは心が許さなかった。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 地球攻撃は失敗であっただけではない、みじめに撥ねかえされたのである。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • 警官側は長い鉄棒を構え、それをやり代わりにして学生の攻撃をね返す。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • メリケン粉の袋のようなズボンの一方が、九十度だけ前方へ撥ね上った。 葉山嘉樹『乳色の靄』より引用
  • 母親の声が車のねた泥水のように飛びかかってきて、駿は顔をしかめた。 柳美里『女学生の友』より引用
  • 猩々は室に這入る時、外の戸を背後うしろへ撥ねたので、外の戸はまた開いた。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • すると、今度は逆に新しい恐怖が私の方へ撥ね返って来るのである。 外村繁『落日の光景』より引用
  • 覆いかぶさろうとする男を、おさとは必死になってねのけようとする。 南條範夫『山岡鉄舟(二)』より引用
  • 川面にせりだした床の向こうに、雨が光を受けながら大地に撥ねている。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用
  • それに、南さんは殺されたのではなく、車にねられたとは考えられませんか? 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • Kさんが後に残ったおき火を櫂で上手に水をねかして消して了った。 志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』より引用
  • 葉先で太陽の光がかえされているさまは、まるで光がおどっているかのようだ。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第06巻』より引用
  • 緑の葉に混る藤の花房が風にゆらいで着ものから紫のしずくねさした。 岡本かの子『富士』より引用
  • 自動車にねられたようでもあり、自分で跳躍したようでもあった。 泡坂妻夫『亜愛一郎の逃亡 (亜愛一郎シリーズ3)』より引用
  • 意識いしき危険きけんに気付くよりも早く、反射神経はんしゃしんけいが右手をね上げていた。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ01 ひとつめの虚言』より引用
  • 猩々は室に這入る時、外の戸を背後うしろへ撥ねたので、外の戸は又開いた。 森林太郎『病院横町の殺人犯』より引用
  • 次へ »