撒く

全て 動詞
599 の用例 (0.00 秒)
  • 犯人が被害者の血を保存しておいて、あとから撒いたということはない? 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • お父さまがご自分で水を撒いていたり、戸川くんがお茶を運んできたり。 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • そうかと云って男がベッドに睡っている間にあの煙草を撒いたのでもない。 海野十三『ゴールデン・バット事件』より引用
  • 頭の方と脚の方とには、花束が置かれ、身体には、一面に花が撒かれた。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • 鋭い飛翔音が空を切り、飛来したものが彼の周囲で黒い血をふり撒いた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用
  • 男が逃げながらいたものならば、さすがにイヴァンは気づいたはずだ。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • これは伊勢信仰を民衆に布教した御師がばら撒いたものだともいわれる。
  • 塩を撒いた後に顔、まわしを強く叩いて気合を入れる仕草も特徴である。
  • 汽車の掃除に塩を撒かせる位な事は一令のもとに実行が出来るでありませんか。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • それは地面の上に、コップの水を撒いたように大きい水たまりを作った。 海野十三『地球盗難』より引用
  • 最後の仕上げに路上に水を撒いて、完全に流し終わると作業終了となる。
  • 滝の名は大きな樽の水を撒いたように豪快に流れ落ちることに由来する。
  • 街中に見えない機械を五〇〇〇万ほどばらいて情報収集してたんだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第15巻』より引用
  • その言葉は、エンリコのいた毒が再び表面に出てきたことを示していた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 五十嵐氏は瓶のなかの血を、床のうえ一面にき散らしているのである。 横溝正史『憑かれた女』より引用
  • 砂地に水をいたように、中身は太郎の頭の中にしみ通るようであった。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • それ等の乳くびの先きには水撒きの如露のやうな沢山の穴が通つてゐる。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • もし狼人間がみんなをうまく撒いて、誰かに噛みついたらどうなったの? ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 03 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』より引用
  • そのため夏に種を撒いて秋から冬に収穫する方法が最も容易である。
  • さっそく又一台の赤自動車がやって来て小さな白い紙を撒いて行ったのです。 宮沢賢治『ビジテリアン大祭』より引用
  • 次へ »