搾出し

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 私の生命全体が涙を私の眼からしぼり出したとでもいえばいいのか知らん。 ...
  • そもそもの最初は内部からしぼり出された水による海と、岩だけの陸地。 ...
  • 全身の血がしぼり出されたように、血は金盥を越え畳一面に染みていた。 ...
  • それはまるで、しめ木にかけられて搾り出されるやうなものであつた。 ...
  • それまで苦痛に耐えていた由紀があごをのけぞらせて息をしぼり出した。 ...
  • そして大きく息を吸い、腹から声をしぼり出しながら左腕に力をこめた。 ...
  • 初めはそれを、群居生活の圧迫からしぼり出される涙だと、俺は思った。 ...
  • この涙こそ、純な心の中の神聖な感動によって搾り出された涙だった。 ...
  • これは絶望の中にいる者が、何とか生きようとしてしぼり出して来た言葉です。 ...
  • 彼はこれを左手でしぼり出しつつ、親指を以て敵にはじきかけたのである。 ...
  • そして死にそうなくらいの努力で一語一語をしぼり出した。
  • まるでチューブから絵具を次から次へとしぼり出しているように感じられた。 ...
  • 彼女は口を大きく開け、喉から声にならない声をしぼり出した。 ...
  • それは胸の底からしぼり出される苦痛の唸り声の様でもあった。 ...
  • そういえば去年の盆前にも一度二十両しぼり出しに行ったことがあったっけ。 ...
  • そして彼らは自分の血をしぼり出し、自分の臓腑ぞうふをしぼり出していた。 ...
  • そして彼らは自分の血をしぼり出し、自分の臓腑ぞうふをしぼり出していた。 ...