携帯電話を切り

20 の用例 (0.00 秒)
  • アックアは携帯電話を切って、それから学園都市の方を一度だけ振り返った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • だから、試写会にきていた観客はみな携帯電話を切っていたはず。 吉村達也『トンネル』より引用
  • 上条は携帯電話を切ってポケットにねじ込むと、改めて前方を見据える。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • 古い木造の家の2階では携帯電話を切った明日香がほくそ笑んでいた。 秋元康『着信アリFinal』より引用
  • 陽気な口調で携帯けいたい電話を切ると、ガンチェリーは急に一三さいの少女の顔にもどった。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』より引用
  • 強い口調で念を押し携帯電話を切った静香が、駅方面へと小走りに駆け出した。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 父なるひとりはそういって、携帯電話を切った。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • それが三十回に達したとき、修司は携帯電話を切った。 友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 眠り姫は夢を見ない』より引用
  • しばらくして眉をひそめ、携帯電話を切ると勢いよく立ちあがった。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 相手の言葉を待たずに、南空は携帯電話を切った。 西尾維新『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』より引用
  • オペレーターに住所を伝えて、確認を取ったあと、千里人は携帯電話を切った。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • 紺野がいつの間にか携帯電話を切り、脇に立っていた。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 携帯電話を切って、フローリングの床にへたりこんだ。 馳星周『不夜城』より引用
  • 了解しました、と最後に言って携帯電話を切った。 五十嵐貴久『TVJ』より引用
  • 夫の荒々しい言葉に気圧けおされて、敦子は自分の携帯電話を切った。 吉村達也『トンネル』より引用
  • 秋村は苦々しい思いで携帯電話を切った。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • そういっていた誕生日のプレゼント、千里人の車の助手席に乗ることもなく、携帯電話を切ってどこかに行ってしまった。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • そして携帯電話を切った。 西風隆介『神の系譜Ⅶ 竜の源 高句麗』より引用
  • そう告げて、俺は携帯電話を切った。 松野秋鳴『えむえむっ! 第04巻』より引用
  • 十二時過ぎにはアストリア・ホテルに到着するとサカガミに告げて、ツムラは携帯電話を切った。 帚木蓬生『受精』より引用