損害賠償を求め提訴

17 の例文 (0.00 秒)
  • 山梨県側は明野処分場の施工・管理を行っていた業者に対し14億の損害賠償を求め提訴。
  • 信平夫妻は手記発表後、創価学会に対して損害賠償を求め提訴した。 ...
  • なお、後日、夫側の両親が落とし穴を掘った友人、妻の両親らに損害賠償を求め提訴。 ...
  • 同年、NHKは立花らが勝訴の見込みがない裁判をこの人物に起こさせたとして、立花らに弁護士費用相当額54万円の損害賠償を求め提訴した。 ...
  • TSLを保有するテクノ・シーウェイズは、小笠原海運に対し契約不履行による損害賠償を求め提訴したが、小笠原海運側はTSLはコストが高いため国の支援が受けられなければ経営が成立しないことは最初から国土交通省は承知していたはずであるとして全面的に争った。 ...
  • だが小室は返金に応じなかったため、男性は2008年2月に小室に対し逸失利益を含めた6億円の損害賠償を求め提訴。 ...
  • また、民事訴訟では「入院治療の必要がないのに監禁された」として元入院患者が院長らを相手取って損害賠償を求め提訴し、請求が認められている。 ...
  • 事故から約2週間後、過失責任は学校側に無い旨の内容証明を本校より当該生徒の家族宛てに送付した後、被害生徒本人と両親が同校に逸失利益や介護費など約2億5600万円の損害賠償を求め提訴した。 ...
  • このため、同年10月16日、島田化学工業に対し7億6400万円の損害賠償を求め提訴した。 ...
  • 四代八幡宮の元宮司とその弟は、山口県神社庁を相手取り「自分を解任に追い込もうとして、県神社庁が退職願などを偽造した」として計400万円の損害賠償を求め提訴。 ...
  • 北海道拓殖銀行の不良債権を引き継いだ整理回収機構は、カブトデコムの融資に関連し、銀行の旧経営陣に対し総額50億円の損害賠償を求め提訴。 ...
  • 一方、民事裁判については、遺族が実行犯および住吉会総裁、会長に対して1億4000万円の損害賠償を求め提訴。 ...
  • また駿台の不透明な経営実態告発を、神津個人のホームページや駿台校舎周辺でのビラ撒きで情宣の一環として行ったところ、1999年駿台から名誉毀損による1億5千万円の損害賠償を求め提訴され、マスコミをにぎわす駿台争議へと発展した。 ...
  • また日債銀破綻後にその不良債権を引継いだ整理回収機構は2001年9月、頴川史郎元会長ら旧経営陣11人に対し、「バブル期の放漫融資に深く関与していて、不良債権の原因を作った経営陣らの民事面での責任追及が可能」として、総額45億円の損害賠償を求め提訴をした。
  • 一方、I'm専門店街では2009年6月、地権者で構成するセントシティ北九州管理組合法人が北九州都心開発に対し、組合の承諾を得ずにプロパティマネジメント会社を変更したことで賃料収入を欠損し、テナントの倉庫賃料も組合に分配されていないなどとして約1億300万円の損害賠償を求め提訴した。 ...
  • 男性の遺族は当社、ビジネスグランドワークス、その講師に対し、2017年8月8日に東京地方裁判所に損害賠償を求め提訴した。 ...