損なう

全て 動詞
766 の用例 (0.01 秒)
  • これによって、計算で定めたはずの空間上の一点の信頼性が損なわれる。
  • 強引に起こすと機嫌を損なう恐れがあるのでそれだけはしたくなかった。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • そのため占領地域の住民の感情を損なうような行動を彼はよしとしなかった。
  • しかしもちろん、何かの加減で読み損なったという可能性はなくはない。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • アメリカの上陸能力を、日本側と違っているのに認識をし損なってね。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • けれど祖母の美しさは、そんなことで損なわれる種類のものではなかった。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • より生産数を多くできて画質も大きくは損なわれないサイズと考えられた。
  • これは政府の約束に対して住民の信頼を損なうと考えたからだった。
  • 湯の香りのする女の身体では、レイプする気分が損なわれるのであろう。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • システムの応用の複雑さは実用発電機への設計の有用性を損なっている。
  • しかし、そのためレンズは大型化してしまい携行性は大幅に損なわれた。
  • 良作は、五百万円取り損なったのだ、これぐらいはいいかな、と思った。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 下』より引用
  • たぶん、私たちが乗り損なった一本前のバスに乗っていたのだろう。 今野緒雪『マリア様がみてる 31 マーガレットにリボン』より引用
  • こうなると形の上ではカデンツァでも、演奏者の自由は完全に損なわれる。
  • そいつが出来損なったのを僕が貰うてあるから見せようとて見せてくれた。 寺田寅彦『根岸庵を訪う記』より引用
  • 一方で従来の対戦車砲は大型化の果てに運用性を損ない陳腐化した。
  • 雲の濃いのが糸になりそくなって、なっただけが、細く地へ落ちる気色けしきだ。 夏目漱石『坑夫』より引用
  • だがその程度の傷ではそこなわれないほど、彼女の美しさは本物だった。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 景観を損なわないように、ビルの一部を利用した看板を使用している。
  • 本気で死のうとして、やり損なった人間は二度とやろうとはしないものさ。 赤川次郎『結婚案内ミステリー風』より引用
  • 次へ »