揺るぎない

全て 形容詞
325 の用例 (0.01 秒)
  • 自分の行いに揺るぎない義務感と使命感を抱いている、そう考えられた。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • デイヴィスは個人的な信頼感は揺るぎないものとし、次のように答えた。
  • もうその辺に関してはこの幼なじみに対する信用はるぎないというか。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第15巻』より引用
  • これは、彼女を支持する一部の者が与えた揺るぎない地位であった。
  • これをもって鎌倉府の基礎は揺るぎないものになったのである。
  • 彼のヒトラーへの忠誠はすでに揺るぎないものになっていたのだった。
  • そのたびに弟たちを叱り付けては信仰心に揺るぎないことを誓わせた。
  • それは自分が撮った写真への揺るぎない自信なのだと僕は思った。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 星暦四四六年、タイタニアの時代は揺るぎなくなおつづいているかに見える。 田中芳樹『タイタニア1 疾風篇』より引用
  • 前の恋人と違い、彼は自分が同性愛者であることに関しては揺るぎなかった。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • その揺るぎない姿勢によって、光は己の正しさを証明しているかのようだった。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • 物理的な証拠が、仮説を少しずつ揺るぎないものにしていくだろう。 森博嗣『G 02 θは遊んでくれたよ』より引用
  • 一切の事柄が大変単純に、そしてまったく揺るぎなく定められている。 フロイト/渡辺哲夫訳『モーセと一神教』より引用
  • もはやそれはマリオの中で揺るぎない確信へと変わりつつあった。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • しかし彼女の言葉には、揺るぎない確信が込められていると感じた。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • しかし、彼の自信は揺るぎなく、それはいかなる困難を前にしても変わらない。
  • だがその分、自らの勘と経験に揺るぎない自信を持つことがわかる。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 04 暇つぶし編』より引用
  • この揺るぎない自信に裏打ちされた自己完結の世界は、いかなることかや。 山田詠美『快楽の動詞』より引用
  • 彼の熱情と近代的空間への揺るぎない確信は幾世代もの学生たちに影響を刻印した。
  • 新青森駅が存在するというだけで、作戦の成功は揺るぎないものになっているのだ。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 次へ »

揺るぎない の使われ方