描写が多く見られる

15 の用例 (0.00 秒)
  • 初期からそれぞれの能力や必殺技を巧みに発揮する描写が多く見られる。
  • 本作からは、超能力じみた描写が多く見られるようになっていく。
  • レズビアンのミステリー作家で、作品にも同性愛の描写が多く見られる。
  • キリスト教信仰に基づく描写が多く見られる。
  • 劇中に登場する61式戦車は敵MSに対して有効な戦闘を行っているシーンが少なく、ほぼ一方的に撃破される描写が多く見られる。
  • 本作では、残酷な描写が多く見られるが、これは意識的ではなく、病んでいた当時の作者の精神状態が反映されたのかもしれないと語っている。
  • 魔法少女が主人公の場合は小さくなって「お目付役」の妖精や小動物と同じぐらいの大きさになることでメリットを享受し、特殊能力を持たない普通の少女が主人公の場合は小さくなってパニック状態に陥っている所を男子生徒に助けられると言う描写が多く見られる。
  • 例えば戦争を題材にしたアニメ・映画では、落下した焼夷弾が家屋や地面に激突し大爆発を起こし燃え上がる描写が多く見られる。
  • 反米志向が強く、旧ソビエト連邦などの社会主義、共産主義を掲げる国家との密接な関係の描写が多く見られる点も特徴である。
  • 一方、本物の死体をつかったり、動物虐待の描写が多く見られるなど、エクスプロイテーション映画としての側面が教育的価値を完全に損なっているという批判もある。
  • 陰鬱な要素の多かったこれまでのシナリオとは打って変わって「燃え要素」と思われる描写が多く見られるが、一部にとてもグロテスクな場面や、前作の「目明し編」ほどではないが、残虐な要素や場面もある。
  • 当初はシリーズ最終章の予定で製作されたため、師匠であるミッキーの死や、宿敵アポロ・クリードとの友情など、ストーリーに区切りをつける描写が多く見られる。
  • 作中では、ホームページを開設する・ネット将棋を楽しむ・BBS上の自著への批判投稿に目を通すなど、福満自身がインターネットを活用する描写が多く見られる。
  • 切法師には切鬼剣の使用に特化した剣士、法術の使用に特化した法師の2種類が存在し、通常は2人1組で討伐に当たる描写が多く見られる中で、倫太郎や狛一郎のように、両方を自在に行使し、かつ単独で行動する切法師も存在する。
  • 神楽が星海坊主と共に故郷へ帰ろうとした際には、彼女が船に乗ってもなお、地球を去ることを考え直すようターミナル内の梯子を登りながら大声で説得したり、阿伏兎との闘いで夜兎の本能に目覚め暴走した神楽を、必死に抑止し正気に戻すなど、彼女との絆の強さが伺える描写が多く見られる。