掴める

全て 動詞
220 の用例 (0.00 秒)
  • 事態がよく掴めないままに、私はドアに顔を寄せて聞き耳をたてていた。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 一方俺は、この話の流れを全く掴めていないので狼狽するばかりだった。 奈須きのこ『歌月十夜 41 こみっく月姫』より引用
  • それでもお心がはっきりつかめぬとならば、イギリス派遣の儀はその節に。 シェイクスピア/福田恆存訳『ハムレット』より引用
  • 早く話の本題に入らなければと思うのだが、きっかけがうまくつかめない。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • そのとき、その言葉がどのような意味か澄子ははっきりと掴めなかった。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • その書物にどういう意味があるのかはともかく、出所だけはつかめそうだ。 内田康夫『後鳥羽伝説殺人事件』より引用
  • 筆者のぼくにも何から書いていいのかはっきり掴めていないのだから。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • 自分の手で掴めない理想ユメなら、そもそも夢に見る事なんてしないんだから。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 相手の正体が掴めたせいか、自分でも驚いたくらい冷静になっていた。 西村京太郎『怖ろしい夜』より引用
  • 井崎はまだ自分の置かれている立場がはっきりとは掴めていなかった。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • その言葉の意味を、一瞬私はつかめなかったが、しかしすぐにピンと来た。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • 大学の先生にもいろいろ尋ねておりますがまるで原因が掴めません。 北杜夫『怪盗ジバコ』より引用
  • しかしその後、警察が捜査を進めても手がかりはまったくつかめなかった。 山田悠介『@ベイビーメール』より引用
  • 相手が何を企んでいるのか、我々にはまだ正確には掴めていないんだ。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • これまで調べたかぎりでは、そういう男の存在など全く掴めなかった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 状況がつかめない彼らへ、落雷のように一歩遅れて音と衝撃しようげきが襲いかかる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 一体、彼女の中で何があったのか、僕にはまったく掴めていなかった。 伊藤たかみ『指輪をはめたい』より引用
  • それに、ボクシングがなんであるのか、ようやく掴めたとも思っていた。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • 事件が起ってもしかも彼にはやはりその正体は掴めなかったのだ。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 最初は、目撃したものの真意がよくつかめなかったし、信じられなかった。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 次へ »