推す

全て 動詞
918 の用例 (0.01 秒)
  • まさか私を推す者が賤しいために用いないということではありますまい。
  • おそらく三人とも、この発見の重要さを推し測ろうとしているのだろう。 シムノン/長島良三訳『メグレと政府高官』より引用
  • 彼れは誰れにもされず誰れにも戴かれずして日本の経済家となれり。 山路愛山『明治文学史』より引用
  • 自分が聴衆だったら、やはり誰が相手だろうと彼女をしたに違いない。 林トモアキx上田夢人『戦闘城塞マスラヲ 「私を地中海に@連れてって」』より引用
  • これは考えた中では、それほど強くすつもりのない一品だったのだが。 西尾維新『刀語 02 第二話 斬刀・鈍』より引用
  • 失敬という挨拶あいさつのうちに、この男は例の記事を読んでいるらしく推した。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • ただ、状況から推して、この二人で間違いないだろうという空気はある。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 彼は、死体の傷の様子から推して到達した彼と医者との結論を話した。 クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』より引用
  • 例えば私がこの机を推している、何時いつしかこの机と共に落ちたとします。 夏目漱石『教育と文芸』より引用
  • これらのことから推しても私たちの結論はたったひとつしかでてこないのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • しかし初重賞挑戦となった青葉賞は2番人気に推されるも9着に敗れた。
  • その基準は「実力があるのに会社が推す事のなさそうな奴ら」だと言う。
  • ところがお前さんの言葉つきで推すと、そんな心配は入らなそうだね。 国枝史郎『天主閣の音』より引用
  • 重賞初挑戦となったオールカマーは1番人気に推されるも4着に敗れた。
  • 五万とか十万という金額は、相手の服装から推して、無理かもしれない。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • 心あるものはいずれもこの人を推して、幕府内での第一の人とした。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 花のひらいたやうに幸福な事であらうと私達は彼の生活を推してゐた。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • 他の委員の先生がたも皆さんおそらく推されることはないでしょうな。 筒井康隆『大いなる助走』より引用
  • 都市外からおとずれた武芸者を女王が天剣にし、いくつかの試合をてなった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス08 ミキシング・ノート』より引用
  • 他にわけがあるにせよ、良人が安藤を推したのは、意外なことであった。 矢田津世子『女心拾遺』より引用
  • 次へ »

推す で始まる単語