控えgk

30 の用例 (0.00 秒)
  • しかし控えGKとして半年過ごすことになり出場機会は2試合しかなかった。
  • だが、その後は控えGKとして年数試合程度の出場にとどまっていた。
  • さらにスチュアート・テイラーにも控えGKの座を奪われたため、リザーブチームの試合に出場させられた。
  • しかし怪我が多く、長期欠場することも多かったため、控えGKだった河野和正が試合に出ることがかなりあった。
  • 在籍期間中は常にロベルト・ボナーノの控えGKであった。
  • リヨンに移籍して数シーズンは控えGKとして過ごしたが、2001-02シーズンにレギュラーの座を獲得した。
  • この影響もあり、この期間に行われていたナビスコカップに出場することは出来なかったが、リーグ戦再開後は基本的に公式戦の控えGKは加藤順大と大谷のローテーションで回された影響で、前年までに比べるとベンチ入り数は増加した。
  • 控えGKであるアシエル・リエスゴが負傷したことによるものであるが、本人もメディアに対し「エイプリルフールかと思った」と驚きを述べた。
  • ベンチ入りできる控えGKがいない非常事態となった鳥栖が、同年2月の沖縄キャンプに参加していた藤嶋に白羽の矢を立てた。
  • ただ川北裕介や秋元陽太の前に控えGKに甘んじていた。
  • 長らく控えGKの地位に甘んじていたが、2009年に怪我人が続出した愛媛FCにレンタル移籍すると出場機会を得た。
  • 本大会第1戦日本戦、第2戦ブラジル戦に出場したが、第3戦クロアチア戦では控えGKのジェリコ・カラッツにポジションを奪われた。
  • マツダSC時代を含めサンフレッチェ広島とプロ契約後は主に控えGKであったが、正GKの前川和也が怪我しがちな選手だったため、たびたび出場機会があった。
  • 当時の代表では津田幸男や古川好男が正GKに君臨し、控えGK枠を争っている状況であった。
  • その後は、オランダ1部の名門アヤックス・アムステルダムと契約するも、主に控えGKとしての状態が続き、また、2001年から数ヶ月間に期限付き移籍したジュピラーリーグのゲルミナル・ベールショットでも出場機会は限られていた。
  • 代表では、控えGKとして、2002 FIFAワールドカップの登録メンバーに選ばれた。
  • 加えて、PKの際に右足首を負傷した仙台DF白井博幸をピッチ外に出すことを仙台控えGK小針清允が要求すると、これを抗議と受け取り退場処分とするなどこのPKやり直しの判定に絡み4枚のカードを仙台側の選手に出した。
  • ニュルンベルクは1部に昇格したシーズンで、元U-21ドイツ代表のダリウス・カンパの控えGKとして獲得された。
  • イタリア・セリエAで最優秀GK賞を獲得したミヒャエル・コンゼルの最大のライバルと言われ、長年に渡り激しいポジション争いが展開されるが、1998年FIFAワールドカップ・フランス大会直前に正GKのポジションを奪われ、同大会には控えGKとして参加する。
  • この試合では途中出場ながら好セーブを連発して引き分けに貢献し、ガーディアンには「素晴らしい控えGK」と評された。
  • 次へ »