控え審判員

9 の用例 (0.00 秒)
  • 因みに、プロ野球でも控え審判員は置かれているが、プロの場合試合担当審判員の急病や、事故などの時に緊急出場するだけの為に置かれている。
  • そのため日本のアマチュア野球における公式試合では、試合担当審判員が規則適用を誤った場合、それによって起こる抗議や紛争を即時解決できるような規定を定め、これに基づいて控え審判員の制度を設けていることが多い。
  • 控え審判員は、主に全国大会で置かれる。
  • 控え審判員は、試合を担当する審判員が規則適用に関する明らかな間違いを犯している場合には、誤った規則を適用されたチームの抗議の有無に関係なく、その誤りを訂正させることができる。
  • その代わりアマチュア野球には、試合担当審判員の規則適用の誤りやカウント間違い、その他監督などの抗議を直ちに解決する為に控え審判員が置かれる。
  • また、試合を担当する審判員が裁定に苦しむ時は、控え審判員と協議する事ができる上に、試合担当審判員は控え審判員にその裁定を仰ぐ事もできる。
  • 内訳は4人がグラウンドに実際に立ち、2人が予備審判員、もう1人は記者の質問や、当該審判員から質問に答えるなどの役目を担う控え審判員である。
  • この時は控え審判員の谷博が2塁へ、2塁塁審だった上本孝一が球審にそれぞれ廻った。
  • 試合は、控え審判員の有隅昭二が3塁へ、3塁塁審の井野修が球審にそれぞれ廻り、続行された。