控える

全て 動詞
1,245 の用例 (0.01 秒)
  • 一応、現在では他の界にある名前は命名を控えるように勧告されている。
  • 紅香の背後にひかえるようにして立つ彼女の手には、大きな旅行鞄が一つ。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • 同時に社長へ就任したことで、メディアへの露出を控えるようになった。
  • 背後の廃墟で控える若者たちの心のざわめきが伝わってくるようだった。 水野良『黒衣の騎士』より引用
  • ギリ老はそう言うとつえを軽く振って、部屋の隅に控える従者に合図した。 三浦真奈美『風のケアル 第4巻 朝遠き闇』より引用
  • 扉のそばで控える家令に、別の家令がやってきて耳うちするのが見えた。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • 周囲で見物していた兵士たちも、皆、膝をついて控える姿勢をとっている。 井上祐美子『五王戦国志4 黄塵篇』より引用
  • 数の少ないオーストリア軍はイギリス軍の援護として控えることになった。
  • 初戦の大阪杯では中団に控える形となったが直線で伸びず6着となった。
  • 若いころは酒豪で鳴らしたものの、晩年には酒量を控えるようになった。
  • 話しているのは一子だけで、他の生徒たちはその側にひかえるように黙っていた。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • 先生と言わぬまでも、氏をさんづけで呼ぶことは控えるべきであった。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 学校の先生については色々意見があるだろうから私は言葉を控えるけれどね。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • 彼女はそうしたくはなかったが、自分で控えることができなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 試合以外のときにも、会って話したり飯を食ったりすることは控える。 赤瀬川隼『捕手はまだか』より引用
  • 既に死亡した人間であっても遺族のことを考えて一部公開を控えることもある。
  • その馬車の脇に控える、細い黒衣の人影が、ゆるりと主に身体を向けた。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 彼女の後ろに控える二体の影の使い魔に対し、エストックを繰り出した。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 翌日から私が夜の散歩を控えるようになったのは言うまでもないことです。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • 背後に控える四人の息子たちも同様に片ひざをついて剣を掲げた。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 次へ »