控えとしてベンチ

9 の用例 (0.00 秒)
  • 当時レギュラーポジションを確保出来ておらず、控えとしてベンチ入りに止まった。
  • ここでもジェンナーロ・ブラシリャーノの控えとしてベンチに座ることが多かった。
  • リーグ再開までに復帰出来ず、完治した後も真子秀徳の控えとしてベンチを温める日々が続き、9月に再び骨折してそのままシーズンを終えた。
  • この年は本田技研工業サッカー部から移籍した笹原義巳と第2GKの地位を分け合い、ほぼ交互に浦上の控えとしてベンチに入った。
  • そのため移籍初年度はダリオ・ダイネッリの控えとしてベンチで過ごすことが多く、19試合出場に止まる。
  • は、8月以降は若手有望株のアンディ・マルテにポジションを追われる形となり、控えとしてベンチを温める機会が多くなった。
  • 入団後は、神山竜一や六反勇治の控えとしてベンチ入りすることが少なかったが、2011年10月8日、天皇杯2回戦の高知大学戦で、公式戦デビューを飾った。
  • マルセイユではセドリック・カラッソの台頭もあり、FCソショーに完全移籍するも、正GKテディ・リシェールの控えとしてベンチ生活が続く。
  • エスポワールではUEFA U-21欧州選手権予選終盤までレギュラーとしてプレーするも、終盤から本戦はスティーヴ・マンダンダの控えとしてベンチに座る。