接触回線

57 の用例 (0.00 秒)
  • ベースジャバーのパイロットを務める大尉が、接触回線ごしに口を挟む。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • 接触回線が解け、通信ウインドの映像が切れてくれたのは幸いだった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 06 重力の井戸の底で』より引用
  • 接触回線特有の音の震えが、その声をより切迫したものにしていた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 接触回線を利用して、物の接触する音まで再生している。 富野由悠季『Zガンダム 星を継ぐ者』より引用
  • 暴走したブルーに乗っていたパイロットの声を、ユウは接触回線で耳にしている。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • そんな声が、接触回線特有の遠い声になって、ハサウェイの耳にとどいた。 富野由悠季『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中)』より引用
  • 接触回線がオートで開き、と言ったバナージの声がリディの耳朶を打った。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 04 パラオ攻略戦』より引用
  • 電離層の影響が残る中では、接触回線が開かない限りロランたちと通信することはできない。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • ギギは手にもったマイクをつかって、接触回線でハサウェイに呼びかけた。 富野由悠季『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中)』より引用
  • 接触回線が開き、間違いなくソシエだとわかる声が鼓膜を震わせた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • とつっけんどんな声が接触回線を流れ、リディは慌ててリニア・シートに背を当て直した。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 09 虹の彼方に(上)』より引用
  • 開いているはずの接触回線に、応答の声はなかった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 04 パラオ攻略戦』より引用
  • 先の接触回線と同じ、申しわけなさそうな声だった。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • 接触回線で送られるパクの声は、かすかにくぐもっていた。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • 通信ではなく、接触回線を通じてのものだ。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • 同時に接触回線が開き、とバンカラな声が無線を騒がせた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日(下)』より引用
  • 接触回線が震える声を届けると、二枚のバイザーを挟んだ先で自分と同じ顔が微笑んでみせた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 接触回線が開いたのか? 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 03 赤い彗星』より引用
  • 接触回線を通して、フォウの声がカミーユの耳を打った。 富野由悠季『Zガンダム 星を継ぐ者』より引用
  • 機体の軋みに重なりながら、接触回線がニムバスの声を伝える。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • 次へ »