採石法

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • なお、岩石の採取の規制については、採石法によって定められている。 ...
  • 採石場による重金属汚染としては日本初とされ、採石法の運用に影響を与えた。 ...
  • 日本では採石法により、対象となる「岩石」が規定されている。 ...
  • 採石法に定義されている「岩石」は以下のとおりである。 ...
  • 採石法19条1項の決定に基づく場合でも同様である。 ...
  • 採石法19条1項の決定に基づく場合、決定書に記載された設定日を日付として「原因 平成何年何月何日設定決定」のように記載する。 ...
  • 採石法19条1項の決定に基づく場合、登記権利者が単独で申請をすることができる。 ...
  • 採石法19条1項の決定に基づく場合、「存続期間 平成何年何月何日から何年」のように記載する。 ...
  • 採石権につき、採石法19条3項の決定に基づく移転の場合、決定書に記載された変更日を日付として「原因 平成何年何月何日譲渡決定」のように記載する。 ...
  • なお、採石法12条又は15条1項の決定があった場合、採石権の設定を受けた者等は所有権以外の権利の抹消登記を単独で申請できる旨の規定が存在する。 ...
  • 物権法定主義にいう「法」は、民法に限られず、たとえば採石法や鉱業抵当法などによって規定される物権もある。 ...
  • 国会でもこれが問題視され、1986年10月の 第107回国会の商工委員会で共産党の近藤忠孝は『採石法三十三条の十三に言う緊急命令』を発令して採石業者に対する災害防止のための緊急措置令をすることを、当時国務大臣だった田村元や政府委員に訴えたが、過去一度も発令されたことがない命令だったために見送られた。 ...
  • 採石業務管理者は採石法に基づき、業者の自主的災害防止能力の確保や、岩石の採取に伴う災害の防止に関する職務を行う。 ...
  • 採石法19条1項の決定に基づいて設定登記を申請する場合、登記義務者となるべき者は登記申請に参加しないので、登記識別情報又は登記済証及び印鑑証明書の添付は不要であるが、補償金及び最初に支払うべき採石料の受取りを証する情報又は供託の受領を証する情報を提供しなければならない。 ...
  • 採石法は、採石権制度、採石業者登録、岩石の採取計画の認可等を行ない、「岩石の採取に伴う災害を防止し、岩石の採取の事業の健全な発達を図ることによつて公共の福祉の増進に寄与することを目的」とする法律である。 ...