掛かる

全て 動詞
2,428 の用例 (0.01 秒)
  • しかし、上に掛かっている巻物の中に書かれている字は判読できました。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • あまり長いあいだ掛かっていたので汚れたやつが、ここに入ってくる。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • 僕の帰るというのを聞いた二人は、驚いたような顔をして留めに掛かった。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • おかしいな、と思って電話を切ると、今度は佐藤さんから掛かってきた。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • 言っても無駄むだだし、もし仮に取り上げられても、調査には時間が掛かる。 藤田宜永『野望のラビリンス』より引用
  • 人形使いはあそこに掛かっていますと言って柱にぶら下げた狐をさした。 和辻哲郎『文楽座の人形芝居』より引用
  • ただし、それ以外の席に必ずしも水が掛からないというわけではない。
  • そのため専門家などに発見されるまでにはどうしても一定の分析時間が掛かる。
  • まさかとは思うが、自分の周囲にいた者に迷惑は掛からなかっただろうか。 小野不由美『十二国記 07 風の万里 黎明の空(下)』より引用
  • その時、一陣の風がさっと吹き、女の人の額に掛かった髪を持ち上げた。 田辺青蛙『生き屏風』より引用
  • しかし、莫大な建設費用が掛かることから、今のところ実現していない。
  • だがその中のどれが誰なのか、指揮官を知るのはやや時間が掛かる。 上遠野浩平『冥王と獣のダンス外伝 枢機卿狙撃』より引用
  • 先きへ出ているものも、まだ為事しごとには掛からずに、扇などを使っている。 森鴎外『あそび』より引用
  • 死体と違い噴き出した血は勢いよくミミズクの顔に掛かり、目に入った。 紅玉いづき『ミミズクと夜の王』より引用
  • 証拠隠滅の手段としてはこれで充分ですし、手間も時間も掛かりません。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』より引用
  • こっちが明け方まで掛かって予習していった部分を五分で片づけるんだ。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード マイナス イレヴンスの春 続・十一番目のダイアナ 2』より引用
  • という内容ですぐに通話を終えたのだが、十分後にまた掛かってきた。 乾くるみ『リピート』より引用
  • ただし、共感覚は精神に負担が掛かりすぎている人もいるという報告もある。
  • 五、六分掛かるというので、瀬川にもう一曲だけ歌って貰うことにした。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • その先は赤茶色の裸地が広がり、川とそれに掛かる鉄橋へと続いている。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 次へ »