掛かるもの

29 の用例 (0.00 秒)
  • その他、主要貿易相手国によるものや主要物資に掛かるものなどがある。
  • これらの計画は時間の掛かるものもあれば、短期間で実現するものもある。
  • これはマリや彼女の兄や姉たちにも苦難として襲い掛かるものとなった。
  • 大切なものを入れていくから、きちんと鍵が掛かるものがいい。 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』より引用
  • 乗組員は命を失うことなく脱出に成功したが、引上げ作業は費用も時間も掛かるものとなった。
  • プラットフォームは本質的にかなりのコストが掛かるものであるので、作業を24時間継続して行うことで生産性を最大にすることはとても重要なことである。
  • 発行される認可の80%は国全体に掛かるものであり、連邦公報で出版されるような一般的な形の行動を含んでいる。
  • 様々な方法が試みられているが、そのいずれもが非常に導入コストの掛かるものか、定期的な水の交換によって硝酸塩濃度の低減を行うまでの期間を延長させる程度に過ぎない。
  • また、軍の近代化は莫大な費用が掛かるものだったが、それを可能にしたのは先述の税制面における改革が大きかった。
  • だが、英文を苦労して訳している間も、心に重くし掛かるものは去ろうとしなかった。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • 特にリアル系ケータイ小説では悲劇的な出来事が矢継ぎ早に主人公の少女に襲い掛かるものが多い。
  • タレを使って蒲焼にするウナギは庶民に広がって江戸料理となったが、手間が掛かるものであり、 などと言われるほどになった。
  • 装填のためには砲耳を軸として揺架に対し砲身を水平にする必要があり、やや手間の掛かるものであった。
  • 犯行のあった日に被害者宅を訪ねた真瀬貴美子に嫌疑が掛かるものの証拠が見つからず捜査は難航するのだった。
  • 下水道は12億から15億米ドルの間で建設できるものであり、32億米ドルも掛かるものではあり得なかった。
  • また、大抵のものは、特定の外し方によって簡単に外すことができるが、手順が複雑なために外し方を知っていても、外すまでに時間が掛かるものも存在する。
  • アーリーの著作ではゲティスバーグでの敗北責任をロングストリートの両肩にも平等に掛かるものとしており、1863年7月2日早朝にリーに指示されていた攻撃をしなかったことを告発した。
  • しかし水晶宮は鉄道橋ほど負荷が掛かるものではなく、鉄道橋ではディー橋がまずい鋳鉄ガーダーの使い方のため1847年に崩壊した例がある。
  • 当時のゴンドラは10人乗りで、1台ごとにガイドが付き、片道15分掛かるものであった。
  • テントで野宿、と簡単かんたんに言いましたが、コレ、けっこう手間てまかるものです。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 03』より引用
  • 次へ »