掃掃除

30 の例文 (0.02 秒)
  • 週に一度は掃き掃除をしているのだが、しばらくは毎日やった方がいいかもしれない。 ...
  • 平安時代には、掃き掃除の道具として使用されたことが記録に残っている。 ...
  • 軽くだが掃き掃除とき掃除がしてあって、勿論もちろんあの青い瓶はかげも形もない。 ...
  • 掃き掃除は、何日にいっぺんとは決めていないが、埃が気になってきたらする。 ...
  • 八畳の部屋は、この二日ほど掃き掃除すらしていない。
  • まだ空は黒い部分のほうが多い時間だというのに小僧こぞうはもう起きていて、露店の前の掃除そうじをしていた。 ...
  • 雑巾掛、掃掃除を行ったが、藁を固めたものや石で床を磨く事も行われた。 ...
  • 翌朝、九時半頃、部屋の掃き掃除をしていると、ドアのチャイムが鳴った。 ...
  • 床を箒で掃き掃除するお手伝いさんは、今日に限ってやけに機嫌がいい。 ...
  • 小屋の掃き掃除とゴミの処理まで終わったところで、日誌ファイルを提出する。 ...
  • 二階の台所に顔を出すと、すでに掃き掃除を終えたピエトロも盆を運ぶ手伝いをしていた。 ...
  • 浅い灰色のロングドレスを着ていて、あまりに長いので背後の草を掃き掃除しているみたいでした。 ...
  • 階段を下ると、玄関先で掃き掃除をする文さんに出くわした。
  • 水汲みが終わると、庭の掃除そうじ、廊下のき掃除が待っている。 ...
  • ある日、爺が土間の掃き掃除をしていたら、団子が落ちていた。 ...
  • 掃き掃除では落ちない汚れがある。 ...
  • 山門をくぐった所で、き掃除をしていた寺男に声をかけられ、乃梨子は名前を告げた。 ...
  • 中はからっぽだが、掃き掃除をした跡がある。 ...
  • 子供たちには前庭の掃き掃除が割りあてられていた。 ...
  • 殆どあらつぽい程ばたんばたんとはき掃除してゐるみよの姿を、そつと眺めては唇をかんだ。 ...
  • 「掃き掃除はの、風の向きに逆ろうてはならん」 父の武右衛門から、もう何年も前に音吉は教えられた。 ...
  • ほかにもいくつもあるのだが、へえ、なるほどなあ、と妙に感心させられてしまうタブーに、この日は掃き掃除を家のなかでしてはならない、というのがある。 ...
  • 峻護は芝生しばふめた庭の掃除そうじせいを出しつつ、ひたいにじあせをぬぐった。 ...
  • 次の日、わたしとカーリーの二人は、消灯の時間を守らなかった罰として、玄関脇の道の掃き掃除をすることになった。 ...
  • 山門をくぐった所で、参道さんどう掃除そうじしていた寺男てらおとこに声をかけられ、乃梨子は名前を告げた。 ...
  • 四日めから百人長ソートニックの娘は、卑しい百姓娘と同じやうに、水汲みやら家のはき掃除に追ひ使はれて、奥へはもう一歩も足踏みをさせられなかつた。 ...
  • そして掃掃除はきさうぢんだら、はうきつておくのだ、てておくと、すぐに薙刀なぎなた穂先ほさきのやうにまがつてしまふぞ。 ...
  • 重太は長じて大工になったが、体が弱く、毎日、お不動様の掃除そうじをするのがせいぜいだった。 ...