捺そ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その代わり、もっと恐ろしいものが左の乳房の上に小さく捺されていた。 ...
  • この本の一冊ごとに、あなたが低脳だという刻印が捺してあるのですよ。 ...
  • 事業をやるには大けな金が動くよってに、ええ加減に判コは捺せまへん。 ...
  • 不思議なことに、二人の話の内容は、はんこでしたように同じであった。 ...
  • しかし永倉は正々堂々を判で捺したような奴で、策というものを知らぬ。 ...
  • 「印刷」とは版と捺される対象の両者に力を加えて印影を得る手法である。 ...
  • が、ふと急に彼は煙草を捨てて呼吸を殺し、土手の雪の中へ顔を捺しつけた。 ...
  • 私は一つ一つあれを捺してゆくときそこに声をきくような気持でいるのですけれど。 ...
  • 手蹟は誰のとも判断が付かなかったが、島田の印は確かにしてあった。 ...
  • そんなことをしなくても文姫は御璽ぎょじした白紙を山ほど持っている。 ...
  • そりゃこちらの店の判が捺してある以上、知らないとは言いませんよ。 ...
  • 偶然についたのではなくて、指の腹に墨をつけて、態と捺した指紋である。 ...
  • 真新しいマットの上に明瞭に捺された犯人の右の靴跡がそれを証明しています。 ...
  • 書画に捺すようになってから自由に場所を選んで捺せるという意味で使われ始めた。 ...
  • 諸物はこれが力によりてその秩序を保つが故に一切の美を捺すといふ。
  • ヨーク そのいんしてあるのは何だ、胸から垂れ下つてゐるやつだ? ...
  • この盟約書に血判けっぱんせば、今説明したすべてがあんたの手に入る。 ...